写真でふり返る 初心者の自作キーボード作り Attack25

電子工作もプログラミングもできない初心者🔰が、自作キーボードキットを作った過程を写真でふり返ります。

キット:Attack25
作者:@monksoffunk

25キーのためコンパクトな包装で届きます。このミニマリスト感が◎

Attack25の内容物 + 別で購入したキーキャップ。
初心者のため、「1u」や「CherryMX用」などといった用語が軒並み分からず、調べながら恐る恐る購入。

アメリカの道路標識がモチーフになっているのでしょうか。基板は白です。

キースイッチとキャップが揃ったことがうれしく、はめて遊んでいました。

ダイオードの田植え。

はんだ付けも苦手なので、先人の知恵に従いフラックスを塗りたくります。

こて先は、評判のいい端面積の大きいものに変更しました。

USB端子がmogeることを防止するために、pro microを塗り固めます。

Attack25は初心者にもうれしいコンスルー版を用意してくれていて、迷わずそちらを購入しました。正直にいうと、「コンスルー」がなんなのかも分かっていないのですが......。

pro micro塗り固めの乾燥待ちで、焼きそばを作って食べます。

ここまでくると、はんだ付けにもかなり慣れてきます。

保護シートを剥がすのが楽しい。
ずっとはんだ付けだったため、ケースやキースイッチに着手すると、自然とテンションが上がります。

キーキャップを付けてようやくさまになってきたAttack25。

うれしすぎて写真を撮りまくる。
普段使っているペラペラのキーボードに比べ押し心地も最高で、意味もなくタイプしてしまいます。
ベースのアクリルも黒にしたいな......他にもあんなキーキャップやこんなキーキャップを付けたいな......という欲求が生まれ始めます。

テンションが上がっているため、キーボードを外に持ち出して意味のわからない写真も撮り始める。

オチ

実はオチがひとつあって、このAttack25、ファームウェアの書き込みをしていません。置物になってます。IQが低すぎるがゆえに、ビルドガイドを見てもファームウェアを書き込む方法が理解できなかったためです。

とにかくgoogle検索をしまくり、なんとなく「ビルド」「ファームウェア」「QMK toolbox」「キーマップ」「.hex」といった断片的な単語がふんわりとインプットされたのですが、全体像がどうも分からない。
挫けそうになったため、とりあえずハードだけ組み立ててしまおうという(危険な)判断を下しました。(この勢いで組み立てないと積みキにしてしまう恐れがあったため......)

年内にファームウェアの書き込みをがんばってみようと思います。

追記

作者のMonkさんより、ビルド済みのhexファイルが公開されました!🎉
これにより、hexファイルを書き込んですぐ動作確認できるようになりました。弊Attack25も無事動き、満足です。ありがとうございます。🙇
また、これに甘えっぱなしにならないよう、自分用のキーマップにカスタムするため環境構築もしておくつもりです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

恐縮です!😳💦ありがとうございます!🎉
7

Tani

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。