#15 手まり「菊の手法で作る桜」の作り方

#手まりの作り方 #菊 #桜 #花手まり


母との思い出


この手まりは、製作技法としては菊になります。
花の中心を閉じて、上下別々に作る物です。
花の中心に桜模様が見えるでしょうか?
それとも花の全体を見て、桜と感じるでしょうか?


どちらで感じるかは人それぞれと思います。
20年以上前、
母が「初めてこの模様を作ってみたのよ」と見せてくれた時
花全体で、桜模様を感じました。


その時の母は、癌の末期で
本当にあとわずかで終わりの日が来る
そのような時、ある方にお礼の品にと作った物でした。


菊模様の手まりは、それなりの数つくった母ですが
この模様を始めて作ったと見せてくれた時は
少し意外でした。


私などはテキストを購入し、さて作ろうと思った時
ほぼ最初から順番に全て作ろうとします。
でも、母の場合は全部を眺めてみて
気に入った物だけ作ろうとします。


あなたは、どちらのタイプでしょうか?


1つでも良いですが、まとめたほうが可愛い


作品によっては1つで
見ごたえのある物もあります。


しかしこの作品は、1つでも良いですが
複数まとめて飾ったほうが可愛いと思います。


あと少し解説したら、お座布団の作り方も用意していますので
複数をまとめて飾ってみてください。

#18 手まり用のお座布団の作り方


籠などに、フエルトを敷いて飾るのも良いと思います。


「菊の手法で作る桜」の作り方

この続きをみるには

この続き:134文字

#15 手まり「菊の手法で作る桜」の作り方

てまり-ねこ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。 現在、アトリエ引っ越し予定です。 その為の諸費用にあてさせていただきます。

スキ!ありがとうございます。

てまり-ねこ

手まり職人をしています。 note では、詳しく丁寧に作り方の紹介をしていきます。 もっと詳しい説明が必要な方は 私のfacebookから、声をかけてください。 https://www.facebook.com/sonomi.nanahara
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。