白饅頭日誌:10月11日「自由とは基本的にイライラするもの」

この続きをみるには

この続き:2,001文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
白饅頭の月額購読マガジンです。毎月2回更新の白饅頭note(本編。単品購入の場合1本300円)の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカイブされていき読み放題になります。さらにマガジン限定記事が毎月1本以上あります。ほぼ毎日コラムがアップされ、時々音楽やVtuber動画クローズドイベントのお知らせが届きます。結構お得なセットだと思います。

月額購読マガジンです。毎月2回更新の「白饅頭note(本編。単品購入の場合1本300円)」の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカ...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今年ラッパーデビューする言うてたのにまるで進捗してない
100

白饅頭

白饅頭日誌(月額課金マガジン)

月額購読マガジンです。毎月2回更新の「白饅頭note(本編。単品購入の場合1本300円)」の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカイブされていき読み放題になります。ほかにも、ショートコラム(ほぼ毎日更新)、限定記事(月1以上の更新)、楽曲(無料ダウンロード可)、Vtub...

コメント3件

"多様性"の受容の困難さは容易に理解できる(はず)と思うので、余程の能天気でなければ、別の"経済的動機"を隠し立てるためのものではないかと考えるようになりました。
俺はコミンテルン的発想です。
みんな混じり合った結果みんな同じになって人類の幼年期が終わる。
リベラルファシストが、あるポイントで多様性を完全に捨て去って本物のファシストになるんだろうなあ。「俺が認める自由以外は何一つ他の人間の自由を認めない」になるんだな
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。