魂を縛る檻を壊せ――白饅頭のVtuber/VRアバター評

★追記あり(2018年4月12日更新)

 2017年の下半期ごろから、インターネット界隈でたちまち巨大なブームを巻きおこしたバーチャル・ユーチューバー(Vtuberと略称されることが多くなった)を知っているだろうか。

 ユーチューバー(Youtuber)といえば、自分をカメラで撮影して動画をYoutubeに投稿し、PVに応じた収益を得る事業者あるいはそうした活動を実践する人びとのことを指す。一方でVtuberとは、文字どおりバーチャル、すなわち自分ではない仮想のキャラクターを主人公に見立てた動画を投稿するものだ。

この続きをみるには

この続き:9,037文字/画像1枚

魂を縛る檻を壊せ――白饅頭のVtuber/VRアバター評

白饅頭

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Days Gone面白いのでやってみる価値ありです
101

白饅頭

白饅頭note(本編)

白饅頭が書いた、そこそこ長めエッセイが公開日の古い順にまとまっています。 ツイランドや他社さんではあまり扱わないような話もここでなら自由に書けるので、結構はりきって書いています。おおむね2週間に1回のペースで新作を書いています。 各回300円均一です。よろしくお願いいたし...

コメント2件

VRどころではなく、脳以外をすべて人工物に置き換えられる様になったら、世の中どうなるのか。オジサンたちが「美少女になりたい」と望む一方、女性の中には「男性でないと不動産の契約の時などになめられてしまう」という人もいる。ネット上のVR空間では必要に応じてアバターを変える生活が普通になるのかしらん。
「性根は腐っているが、外見やステータスの恩恵を受けて生存できていた人」が終焉を迎えるディストピアしか見えなかったです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。