ストックオプションで1,000万円手にしたので、行使周りと生活の変化をまとめてみました。

もうしばらく前の話ですが、前職でいただいたストックオプションによって、1,000万円の現金を手にしました。

以前にTwitterでこんな投稿をしたところ、意外にも反応がよかったため、今回はストックオプション(以下、SO)の行使と、大金を手にしたことによる変化について書いていきます。

※年収数千万〜の富裕層の方、上流階級の方にとっては小さい金額かもしれないので華麗にスルーしてください。
※本記事では特に学びはありません。
※「そもそもSOってなに?」という方はググってください。

いただいたSOについて

前職では、副事業部長としてPRのサービスの事業統括をしていました。
前職の企業が新規上場をすることになって、部門長であった私は有償SOをいただきました。

SOの付与対象
SOの付与対象は企業によって様々です。
最近のスタートアップ企業では入社順に割合を変えてSOを付与することが多い印象ですが、前職の企業では違いました。

当時、私は入社歴2〜3年くらい。SOをもらったメンバーの中では、私が最も社歴が浅かったため、タイミング的に運が良かったといえるでしょう。

有償SO
私がいただいたのは有償SOでした。
世の中には、無償のSOも存在します。(スタートアップの初期メン向けはほとんどこれです)
有償といってもその待遇は破格で、付与する企業側は立場上明言できませんが、よっぽどの何かが起きなければ大幅に得するものでした。

SO行使から株売却までの流れ

それでは、SOの行使から売却までの流れについて簡単にまとめていきます。

① SOの行使権利をいただく
SOの行使権利について、企業と契約を結びます。
具体的には、契約を結んでから●年後、かつ会社が上場している状態で自社の社員であれば●円で●株を購入することができるという内容でした。
※「●円」の詳細は後述しますが、破格です。

② SOを行使して株を購入する
SOの権利を行使して、自社株を購入します。
会社に申請して、諸手続きを行う必要がありました。

③ 購入した株を売却する
売却は、会社に申請した後に自身で行います。私はSBI証券でWEB取引しました。特別なルールとして、売却できる期間が社内的に定められていることが多いことです。
なぜ期間が定められているかというと、社員は内部情報を知っているためインサイダー取引となってしまう可能性があるからです。
期末の悪い業績発表の直前に、内部情報を知る社員が株をすべて売り払い、損を回避するなどといったケースがこれにあたります。

以上、3STEPで売却まで終了しました。
とはいえ、大きなお金が動くこと、インサイダー防止の関係もあり手続き(主に企業側)は厳しく行われていきました。

SOで手にした金額

取引金額は1円単位まであり、複数の時期に取引したこともありかなりざっくり書きます。発生した金額は下記のとおりです。

① 231万円の支出
私が購入可能な7,700株を1株あたり300円で購入するために支払った(有償SOの行使)金額。

② 1,540万円の収入
7,700株を1株あたり2,000円で売却した利益。

③ 261万円の支出
株式売買で得た純利益の20%の税金支払(キャピタルゲイン課税)
※ 純利益 = 「② 1,540万円の収入」ー 「① 231万円の支出」 = 1,309万円

上記の通り、ざっくりと1,100万円ほどがSO行使によって手元に入ってきました。

1,000万円で変わったこと/変わらなかったこと。

こうして手元に大金が手に入りました。
これで何が変わったかというと、タイトルから引っ張っていて恐縮ですが、ほとんど何も変わりませんでした

強いていえば下記のような変化がありました。

<変わったこと>
・100円〜300円は誤差の範囲と思うようになった
・Suicaで10,000円/1回のチャージをするようになった
・引っ越し
・転職

突然スケールが小さい話になってしまいましたが、一応解説します。

例えば、コンビニで購入するお菓子が100円でも300円でも気にならなくなりました。成城石井で売っている外国のチョコレートもたまに買います。

Suicaで一気に10,000円をチャージするようになりました。
実質的には、Suicaを通して支払っている金額は変わりません。

引っ越しをしました。
以前の家に比べれば快適ですが、家賃も周りの人にくらべてすごく高いというわけではないです。

2017年9月に現職の会社に転職しました。
当時3人しかいなかったスタートアップに4人目として入社しました。
このチャレンジこそ、お金に余裕があるからできた、と思われるかもしれません。私も当時はそう思っていました。
でも、結果は違いました。

現職では、給料はスタートアップにしては高水準(※)で、一日の残業時間も1時間未満。家庭を持ち、プライベートと仕事を両立しているメンバーが多くいます。

会社紹介資料で社員の平均年収を一般公開しています。

最後に

本記事は学びや気づきを与えるものではありません。
また、「SOがあるからスタートアップに入ろう!」という推奨するものではありません。

この記事で、実際にスタートアップで働いている人が、SOについて少しでもリアルなイメージを持つことができれば嬉しく思います。

あと、Twitterでゆるい投稿をしているので良かったらフォローしてください。

備考とお願い

● "いただいた"という表現は、前職への感謝の意です。SOよりも大事な経験をもらいました。
● 投資営業のご連絡はご遠慮ください。
● 企業側はSO付与や手続きがめっちゃ大変なようなので感謝しましょう。
● SOで購入できた私の株数は、新規上場時の有価証券報告書に記載され、一般に公開されています。機密情報を公開してはいません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

56

tetsuyaito

LAPRAS株式会社のPR兼チョコレートスプレー部部長です。 SNSを含む発言は個人の見解であり、所属する企業の公式発表ではありませんが責任を持って発言します。 https://lapras.com/

#スタートアップ 記事まとめ

スタートアップが手がけたnoteが集まるマガジンです。スタートアップが読むべき、知るべきnoteも選んでいきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。