ストックオプション

ITスタートアップで考えるストックオプションの行使・売却タイミング

前回のnoteで私のストックオプション詳細を赤裸々に公開をしました。

その中で、「会社自体には引き続き成長期待を持っているので当面は株を保有し続ける予定です。」とやや自社の今後に自身満々で書きました。(汗)
冷静に考えると当事者バイアスが多分にかかっている気がするので客観的に他社の株価はどうなっているかをまとめてみました。

自社を贔屓目で見やすいので、ずーっと株価が上がっていく未来をみてしまい

もっとみる

ストックオプションを行使したら確定申告は必要か?①~付与された人の目線から考える~

1年も1/4が過ぎ、2019年9月末時点で63社もの会社が上場承認された。
上場前に従業員のインセンティブとしてストックオプション(以下、SO)を付与されることは多い。
それぞれの課税関係をまとめているものは多いものの、付与された人・行使した人にとって実務上どうすれば良いのかわからないことが多いため、まとめてみた。
せっかちな人は1,2,3のタイトルとまとめだけ見てほしい。
また後日SO行使時にお

もっとみる
ありがとうございます!
2

【実録】ベンチャー企業でストックオプションを行使してみた

ベンチャー企業に転職を検討をしている人はストックオプション(以下:SO)の実際って気になりますよね?

私は現在、多くの方がご存知の某ITベンチャー企業に所属をしています。会社は数年前に上場を果たし、それ以前に入社していた私にはSOが付与されていました。

今回そのSOを行使し、株式を取得したのでその金額や詳細をつまびらかにしたいと思います。(トップ画像は実際の契約書です)

まずは、以下が概要で

もっとみる

税制適格ストックオプションの落とし穴

ベンチャー企業などインセンティブとして、税制適格ストックオプションを付与するケースも多いですが、ちょっとした落とし穴について、お伝えします。

付与の条件などしっかりと確認して、準備しても、税務署に支払い調書の提出を忘れてしまい、せっかくの税制適格の対象外になるケースも結構あるみたいです。

支払い調書の提出は、翌年の1月31日までなので、忘れずに提出しましょう。

内容自体は、そんなに難しくない

もっとみる

CR#5 基礎から学ぶストックオプション

8月29日(木)に「基礎から学ぶストックオプション 〜無償、有償、信託型を使いこなす〜 」をSPARK2045にて実施しました。

長年、この分野で活躍されているプルータス・コンサルティングの根岸氏にご登壇いただき、以下の内容についてお話いただきました。

・ストックオプション制度の概要
・無償型ストックオプション
・有償型ストックオプション
・信託型ストックオプション

今回は上記の中から、制度

もっとみる
お読みいただきありがとうございます!!
1

スタートアップにおけるやりがい搾取を防ぐための期待給与という考え方

スタートアップは給与が安いという先入観ゆえに、大幅な年収ダウンであっても受け入れてしまうケースを観測範囲内でもよく見かけます。

かくいう私も大手企業からスタートアップに転職するにあたって、少なからずの給与を下げた身の一人です。

資金力に乏しいスタートアップへの転職にあたっては、一定程度の給与ダウンは致し方がないところです。とはいえ、必要以上の給与ダウンや、やりがい搾取とも見られかねない給与水準

もっとみる
えいようはだいじ
12

創業期スタートアップへ参画を考える人向け、株式/SOに関するリーディングリスト

Crezitというコンシューマー向けの金融スタートアップを立ち上げている矢部です。会社としては創業からまだ2ヶ月。先日プレシードで7000万円の資金調達を実施してはいますが、何もないに等しい状態の会社ではありますが、これから増えていくメンバーのため色々なも

現在副業として参加してくれているメンバーがいたり、仲間に加わって欲しいなーと片思いをしている人たちがいるわけですが、なるべくフェアに意思決定

もっとみる

起業週報(4/29~)

世間はGWだが、気にもなるし休んでもいられないので今週は稼働。

オフィス自体もすごくいい感じになってきた、一定広いのはいい。生活の拠点になれる、いい空間にもっとしていこう。

いよいよ夏の導入に向けて、何をどうしていくのか、詰めていく。当然時間に余裕があるわけではない。難しいのはエンジニアリング・リソースを単に増やしても、短期的にうまくいくことはないということ。必要なものを、可能な限り無駄なくや

もっとみる

ストックオプションで1,000万円手にしたので、行使周りと生活の変化をまとめてみました。

もうしばらく前の話ですが、前職でいただいたストックオプションによって、1,000万円の現金を手にしました。

以前にTwitterでこんな投稿をしたところ、意外にも反応がよかったため、今回はストックオプション(以下、SO)の行使と、大金を手にしたことによる変化について書いていきます。

※年収数千万〜の富裕層の方、上流階級の方にとっては小さい金額かもしれないので華麗にスルーしてください。
※本記事

もっとみる

ガチな起業話:その1 Microsoft を辞めた日

私が Microsoft を退社することを決めたのは1999年12月のことです。98年に、私が「ブラウザー上で Office アプリケーションを動かす」というビジョンで立ち上げたNetdocs というプロジェクトが、社内政治の結果、当初のビジョンを失った巨大なチームに変貌したことに嫌気がさしていたところに、友人から勧められた「イノベーションのジレンマ」を読んだ結果、Microsoft のような大き

もっとみる