見出し画像

5月のイケてる音楽12選

令和の時代が幕を開けて、早1ヶ月。

10連休があり、猛烈な5月病に襲われ、真夏日の到来などなど、いろいろあった5月のイケてる音楽を選んだ。

ちなみに、10連休の思い出はVIVA LA ROCKに行ったこと。今年からスタジアムモードになっていて、快適に見れた。導線問題が解消。

真ん中ら辺にいると両ステージが見えるので、新しい出会いがたくさんあった。

フェスの良さは、この新しい出会いに尽きると思う。

①never young beach|STORY 

5月で一番聞いたアルバムがネバヤンのSTORY。

5月病の憂鬱を吹き飛ばしてくれたのは、脱力感を伴う楽曲たちだった。

これから、暑くてうっとしい時期にもってこいのアルバム。


②SPINN|SPINN

個人的に去年あたりから注目している、マンチェスターのインディポップバンド・SPINN

知らない人はこんなnote読んでないで、すぐに聴いてほしい。虜になるはず。

爽やか。耳に残るサビやキャッチーなメロディ。本当に完璧。全体的に漂うローファイ感もいい。

The 1975に対抗するようなバンドになってほしい。


③dustbox |The Awakenings

dustboxの作品では、Care Packageが1番好きだったが、今回の作品がその順番を覆した。

メロディックパンクは、速いビートの上にどれだけ綺麗なメロディを乗せられるかだと思う。

そのお手本的な存在がdustboxだ。

さらにdustboxは哀愁漂うメロディを創り出すことにも秀でている。

“20年分の力量”と“まだまだ進化してやるというフレッシュさ”が混同しているのが、今回のアルバムだ。

素晴らしいのでぜひ。


④milet|Wonderland-EP

またもや、かっこいいEPが誕生した。

可愛らしい見た目と壮大な歌声のギャップが魅力の一つ。

今回のEPで一番好きなのが「航海前夜」トラックがめっちゃかっこいいので聴いてみてほしい。

前回の和製アヴリルと書いたが、Siaかも、、

どっちにしろ、miletは偉大なアーティストに引けを取らないくらいに素晴らしい。

J-WAVEのSONAR MUSICのコーナーに出てるので聴いてみてほしい。miletの音楽オタクを垣間見れる。

いつになったらMステに出るのか。ソニーはこの天才はちゃんと売り出せ。


⑤SIX LOUNGE|天使のスーツケース

ロックンロール。

これを聴いて何も感じないやつはクソ野郎だ。


⑥Vampire Weekend|Father of The Bride

心地良い。最高。


⑦NAMBA69|CHANGES

パンクシーンに名盤が誕生した。

メロディックパンクであるし、メタルコアっぽさもあり、イージーコアっぽさもある。ものすごく自由なアルバムになっている。

とにかくやばい。「覚醒」っていう言葉が1番当てはまっているかもしれない。

ツアーファイナルの渋谷公演に行こうと思う。


⑧go! go! vanillas|THE WORLD

バニラズのイメージは、多幸感。聴くだけで幸せになれるという感じだったが、今回のアルバムからは“暗さ”を感じ取れる。

生きていれば良いことだけでなく暗いことがある、というような人間味あふれる感じ。

今までになかったバニラズを堪能できる。


⑨東郷清丸|Q曲

この独特な雰囲気と浮遊感。聴いていて気持ちいい。

boy pabloやJerry Paperなどのゆるくてメロウ、ポップソングを奏でるシンガーがワールドワイドで人気を得ている現象は非常におもしろい。その現象の中に、東郷清丸はいると思う。

ちなみに彼を発見したのもココナッツディスク吉祥寺。

あの店で扱っているアーティストは間違いない!


⑩Official髭男dism|Pretender

良い曲しか作ることができなバンドだなと常々思う。このような音楽がテレビから流れてくるのはすごくいいこと。

本当に何回聴いても飽きない。クセになる。

なぜクセになるのかを考えたときの個人的な見解は、髭男にしか創り出せない独特の“リズムの溜め方”にあるのではないかと思う。

例を挙げると、「もっと違う設定で もっと違う関係で」のところなどなど。

お笑いでいうと、間の取り方に当たるのかな。

11 SIRUP|FEEL GOOD

お洒落すぎる。

音楽をいちいちジャンル分けするのは野暮だと思うけど、SIRUPの音楽はどこにも属さない。ジャンルレスな音楽。

ブラックミュージックを基調にして、誰もが聴けるポップスを創り出すことができるシンガー。

言わずもがな、アメリカのメインストリームの音楽はトラップやヒップホップ。

日本のメジャーシーンでも、そのような音楽やそのエッセンスを取り入れた音楽がチャートの上位に食い込み始めている。米津玄師やNulbarichなどなど。

SIRUPは、2020年代の音楽シーンで、かなり重要なアーティストになるのではないかと思う。

12 Billy Cobb|Zerwee-EP

これはかなりの衝撃的な作品だった。

Zerweeと聞いて連想するのはあのバンドしかいないと思う。笑

Weezreが、素晴らしいアルバムを発売するまで、待つことが嫌になったから、自分で作ってしまったという。

このジャケットや楽曲もWeezerを感じれる。

Weezer好きな人はぜひ聴いてみてほしい。


本当にいい音楽で溢れている。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

ricky

1996年 自称・音楽ライター Twitter @mars_terre
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。