人生の半分は和田毅が好きだ

このフレーズ、2年前から使っている。つまりは和田毅の651日ぶりの白星という期間と同じくらい。

この時期自分はなにをしていただろうとツイログをさかのぼってみたところ、これといったことは書かれておらずひたすらネロ祭で花びらを集めていたようだった。(FGO)
まさかここから651日も和田さんの白星が遠ざかるとは。

ものすご~く贅沢なことをいうと、ホークスの交流戦優勝はおまけみたいなものだ。だってもう今回で8度目。2005年から始まった交流戦も15年目で、半分以上優勝しちゃってるし。嬉しいし喜んじゃうけど、ホークスファンは「ま、当然よね」みたいな意識があると思う。

「いや~今年は怪我人続出だったし、なかなか苦しい交流戦でしたなあ」「とか思ってたら優勝してた」「ま、うち交流戦に強いもんね」「ボーナスタイム終わっちゃったなあ」

となるところに「和田毅、651日ぶりの白星」である。優勝を決めるマウンドに、誰もが認めるレジェンド級左腕のエース和田毅。しかも相手は現在の日本球界を代表するスーパーエース菅野智之。なんてドラマチックなんだろう。

正直に言ってしまえば、試合前日は無理なんじゃないかと思っていた。なんでわざわざ菅野にぶつけるんだよ、どうせなら登録抹消せずにヤクルト戦で投げさせてくれればよかったのに。元早稲田のエースが神宮のマウンドで復活の白星! それもそれでドラマチックだったはずなのに。

ファンだから信じたい。だって人生の半分も好きなのだから。きっと勝ってくれるはずだと思っている。信じている。願っている。けれど、もし万が一望む展開にならなかったら。もし、打ち込まれてしまったら。和田さんはがんばってくれても、打線が沈黙してしまったら。

思い入れが強ければ強いほど予防線を張ってしまう。大人になればなるほど、余計なことを考えてしまう。失敗したときの痛みを知っているから、またあの痛い思いをするくらいならと痛みを和らげようとしてしまう。
大丈夫、わかってた。どんな結果になっても受け入れるよって、先に負けたときの想像をしてしまう。実際、勝てなくてもいいと思っていた。傷つきたくないからってわざと距離を置こうとするめんどくせえ彼女かよ。

しかし蓋を開けたら「中身柳田なのか?」なんて疑いたくなるような福田秀平の先頭打者ホームラン、坂本勇人のエラー絡みで追加点、つい2試合前28打席連続満塁時無得点とかいう呪いとしか思えないような謎記録を打ち破った甲斐拓也のセーフティーバントであれよあれよと初回から4得点。

さらにはスーパーエース菅野智之は和田さん相手に先頭打者フォアボールを出したところで降板。まさかの2回0/3でおさらばだった。今季は不調と言われているのは知っていたけれど、エースをそんな序盤に降ろしてしまうのか…とびっくりした。

和田さんはそのあと岡本にソロホームランを打たれるが、一発病はもはやご愛嬌である。点の取られ方がらしすぎてほっこりしてしまうレベル。そりゃ0対0の緊迫した投手戦で終盤8回にソロホームラン被弾とかになると「そこはいちばん警戒しないとだめな場面じゃん!!」とガックリするだろうが、4点リードの4回に1点取り返されたのなんて「まあいつもの持病ですね」でさらっと流せてしまう。

5回を投げて球数81、被安打3、与四球2、1失点、6奪三振。DH制の試合だったら6回まで投げたかもしれないけれど、無事手に入れた勝利投手の権利を「和田さんに勝利を!」と奮起した後輩たちが必死に抑えて守ってくれた。

2011年、杉内・和田のふたりは間違いなくWエースと呼ぶにふさわしかった。そのころはチームが和田さんのために白星を引き寄せるのではなく、和田さん自身がチームのために白星を引き寄せていた。

あれから8年。いろんなことは変わったけれど、マウンドに上がる和田毅は変わらない。端正な顔立ちも、温厚で誠実な性格も。それでもマウンド上では鬼気迫る表情で、目一杯、がむしゃらに投げる。全力の負けず嫌いを見せてくれる。そこは一切変わらないのだ。わたしはそれがとても嬉しい。

本人こそ、この復活の白星を得るまでどれだけ不安だっただろう。どれだけ明日を信じられなかっただろう。想像するだに恐ろしい。しかしそれに耐え、打ち勝ったからこそ得られた勝利に交流戦優勝だった。

「本当はどれがきっかけになったのか、分からない。何かと何かの組み合わせが偶然、良かったのかもしれない。やったことの全てがなかったら、治っていなかったと思う。全てのことがあったから、今投げられていると思う」。関わってくれた全ての人。悩んできた時間。無駄なものはなかった。
「おまえら、いっとき輝く金メッキでいいのか。本物の金になれば、擦れても削れても金だろ」

わたしにとって和田毅というプロ野球選手は、金よりも価値がある。

和田さん、651日ぶりの勝利、本当におめでとうございます。次の2勝目、3勝目も楽しみに待っています。戻ってきてくれてありがとう。人生の半分以上、和田毅というプロ野球選手を応援できる幸せをくださって、ありがとう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくれてありがとうございます!\\\\٩( 'Θ' )و //// いただいたサポートでおいしい雪苺娘かモンブランを食べます!

いえーいぴーすぴーす
2

プロ野球関連

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。