10/16。白いゆめ

 今日はなるべく早く起きて時間をかけてお風呂に入って、それからずっと行きたかったお店のランチの始まる時間には外に出て、たくさんご飯を食べたら街を歩いて、夕方からは映画を見るとか本を読むとかできたらいいな、と昨日からちゃんと思っていたのに、目覚ましが何度鳴っても上手に起きられなかった。

新しい家には今までと違って狭いけれど寝室がある。ベッドもシーツもカーテンもお飾りの天蓋も真っ白で統一しているからか、窓から差し込む朝の光まで蛍光灯のように白い。

 瞼の奥からも白さがわかる、蒸留された眠りの中、幸福な夢を見ていた。

 ちょっと、哀しくなるくらい。ちゃんと、忘れていたのに思い出しちゃうような、あったかもなかったかもわからないけれど懐かしい喜びの匂い。どんな記憶かなんて私以外には関係がないから思い出せなくても別にいい。だけれど確かに、幸福な夢を見ていた。それで、起き上がるのがもの凄く淋しかったものだから、ほとんどわざと、寝坊した。

 猫に餌をやって、仕事の時より地味なメイクをして、大切にしているアクセサリーだけをつけて、赤いマーチンを履いて外に出る。私は今とても幸せに生きていると思う。人生において、幸福というのは一瞬だけ胸を暖めてから爆発して消えてしまう幻のようなものだったから、もうそういうものなのだと疑う気もなく思い知ってしまっていたから、触っても弾けて消えていくわけじゃない幸福というものがあるということを、今でもたまに不思議に思う。いつも、私に喜びや安心を与えてくれるすべてのものに対し、不思議に思いながら、ほんの少し疑いながら、それよりも大きな力で抱きしめていることのほうになるべく集中しながら、絶対に傷つけることで確かめたりはしないように自らを戒めながら、なるべく迷うたび空を見上げながら、ありがとうと思いながら、生きている。

 結構な頻度で間違えるけれど、決して意地だけは張らないように、格好悪くてもださくてもどんなにだめなひとだと思われてもいいから誰のことも傷つけないように、必死になっている。どれだけの人に見捨てられても、私から誰かを見捨てることだけはしないよう、そういうふうに見えるよう、懲りずに生きている。そんなことがほんとうに鬱陶しいエゴだということにうすうす気がつきながらも、しばらくこれを正義として設定して生きてきたものだから、なんとなくそのままにしておいている。

 喜びを分かち合った時があったって、今もう側にいない人がそれはたくさんいるもので、そういう人たちを思う時、ほんの少しの罪悪感と自分に対する惨めさが湧く。そうして、まとわりついた惨めさに、安心するのだ。一度でも愛した人よ。一度でも友情をむすんだ人よ、離れゆく時、ちゃんと私のほうが惨めでしたか。あなたの孤独のかがやきは、わたしのさみしさよりもずっとずっと価値のある強さで、ずっとずっと追いつけない速さで、突き放してくれましたか。痛みはいつも、誰かの眩しさの中で体を劈いていた。私はどうしようもない人間で、いつも、愛しているとか愛していないとか、愛されていないとか愛されているとか、永遠に側にいるとか一度も触れ合わないとか、そういう極端な事柄にばかり囚われていた。そういうことを心の中で問い詰めていたら、お別れしか呼ばないのも当たり前だった。大げさなことばかり話しては地団駄を踏んで、今ここにいる自分たちを踏みつけた。そういうことが、全部今も、自分で自分のことを恥ずかしいと思う理由のうちに残っている。

 独りになるスイッチは、見上げた空とか、眠る前の音楽とか、眠りから覚めるほんの一瞬前のなにもない世界を目にするような瞬間とか、意外とたくさんあるもので、過去とか未来とか全部混ざったその瞬間に、私は私というひとがどういう生き物であるのかを図らずも目にしてしまうのだ。あれから私はほんのすこしでもましな生き物になったでしょうか。なにひとつ変わっていないのでしょうか。それとも、見るに堪えないような恥ずかしいものとしてどんどんひどくなっていますか。もう自分からではわからないのです。だけれど、ずるずると生き延ばす日々の中、本当は、永遠とか一瞬とかそういうことじゃあぜんぜんなくて、本当は、本当は、この世界のうちで私たちがたまたまここに居合わせた、そのことだけをただ大切にできたら良かったんだ。と、急に気がついたり、また忘れたり、それをまた思い出したり、そういうことができるというだけで生きてい続ける意味があるような気がするのです。

 当然に色々なものを失いながら、好きだった人たちと別れながら、ほんとうに下手くそに生きているけれど、ずっと私は私のめちゃくちゃな理屈で、ほんの少しでも、ほんの少しでもマシになりたくて日々を続けていくから、どこかで擦れ違えたら笑って会釈くらいできたらいい。二度と会えないまま死んでしまうならほんの少しでいいから、全宇宙から見たら少しは近しい場所で、光る星になりたい。暗闇じゃなくて星がいい。一緒じゃないと寂しいから。

 こんなふうに思う日がたまにはあってもいいやって、あくまで普通の顔で、一日が終わります。暖かいお風呂とか、そういうもので、今晩は幸せすぎない夢が見たい。ずっと日々は続いていくから、いつも普通でいられるように。

  

 そういう、失くしてしまったものに捧ぐ詩だとか、もっと今、ここにある幸福のための詩とか、もらった心に対する詩とか、ずっと遠い未来のための詩とかを、大切な衣装で撮ってもらった大切な写真とともに収めたZINEを先日のイベントで売ったりして、なんとか意味ありげなことをしながら生きています。

 飯田エリカさんと朝までたくさん話をしながら撮った写真、とてもいいので、手にしてくれたみなさんどうかゆっくり、なるべく夜に、なるべく一人で見てもらえたら嬉しいです。

「Hotel Poetic」、イベントに来られなかったというみなさんも、通販を準備しているので始まったらぜひ。

 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

95

戸田真琴

好き

コメント7件

戸田さんの日記密かな楽しみにしています。以前からお名前は知っていたのですが、TV brosで読んだ万引き家族についての文章で心を掴まれました。言葉選びが独特で感性が素敵だなと。刃のような棘のような文章だと思いました。実は私も文章を書く仕事をしています。まだ日が浅く、試行錯誤の毎日なのですが、戸田さんからも何かを吸収出来ればと思っています。連載と日記、今後も楽しみにしていますのでご自分のペースで書き続けてくれると嬉しいです!季節の変わり目ですので、お体に気を付けてくださいね。私も仕事頑張ります。
こんにちは!つい最近まこりんのファンになったばかりの新参者です! なにぶんAV自体を全然見ないので、今までまこりんの事を知らなくて残念です! まこりんの事をもっと知る為に過去作品全部一気に購入しました。でも、見ちゃうと嫉妬に狂いそうなのでまだ見れてません( ̄▽ ̄;)
がんばってください!(ˊo̴̶̷̤ ̫ o̴̶̷̤ˋ)♡応援してます!
「いいかね、猫にはどうしても三つの名前が必要なんだ。」
ポサムおやじ(T.S.エリオット)も言っての通り
猫に名前をつけるのは休日の片手間仕事じゃ、手に負えない。
ほんっとに猫ってヤツは自分を何だと…
そう、そういえば、、、

もう随分と前だけど、NHK BSでやっていたドキュメンタリー
『マルタの猫~地中海・人とネコの不思議な物語』
マルタ島、人口の倍以上の猫たちが住む地中海の楽園。
ここの「マルタ猫協会」(フィクション以外で猫協会なるモノが
あると云う驚愕の事実^ ^)の会長の言葉。
「犬は餌をくれる人間のことを神だと思っているけれど、
猫は飼い主が餌を与えてくれるのは、
自分を神だと思っているからだと思うのです。」
なんだか素直に納得出来るか否かで猫好きか分かる気がする。
ちなみに、ここ(協会)にいる猫の多くは手(前足)で掴んで
ものを食べる。手で、皿を自分の方に引き寄せる事もする。
島で何十年も餌付けをしているバーバラおばさんは
栄養失調と蚤にたかられていた仔猫をお風呂に入れて、
優しく丁寧に蚤取りをして元気にしていく。
赤ちゃんの頃から猫たちと暮らす女の子の家族の話。
そんな、猫と人とのお話がじわじわ沁みてくる。
そして、マヌエル。
キャットマン、とも言われる彼。
スーパーに行ってキャットフードを買い、
猫に与え続けながら島を回っている彼。
缶が、失くなるとまたスーパーで買って
日が沈むと部屋に帰る。
それを繰り返す。
近所の子供達には少しおかしいって思われても日々は続く。
そんな彼にも懐いてくれる友達の男の子がいる…

行ってみたい。
行って、マヌエルや他の人達、猫たちのその後が知りたい。
そう思うのだけど、、、なかなか、ねぇσ(^_^)
とりあえずは日本の猫島にでも行ってみようかな。
猫島って結構多くて、うちの近くでも
平郡島や真鍋島、青島、男木島なんてみんな瀬戸内の島だ。
或る思い切り晴れた日に思い立って出掛けてみたいねぇ。

TVBros.の今月号を読んでつい、猫と居た昔の事を思い出しました。
ではまた、
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。