いまさら京都って素敵だと思う

京都への納品ついでに(というかイベントに合わせて納品日を決めたのですが)あこがれの地山科にある春秋山荘での「狐の嫁入り」という不思議なお茶会に行ってきました。時折雨がぱらつき時折日が差すまさに狐の嫁入りなひと時。

お目当ての一つはあたりに生えている竹で組まれた庵茶席。
森の庭で放置竹林問題に取り組んでいる身として、気になるスペースであります。

お道具も素晴らしくあたりの風景も素晴らしく、久しぶりに写真を撮りまくりました、携帯だけど…。

そしてふと目をあげると緞通のお客さまである鴨半オーナーが庭に立ってる、しかもランニング姿で。「なんでここにいるの!」と叫び合いました。東山を山ランして山荘にたどり着くのが定例コースだとか。そういえば愛読書の梨木香歩「家守綺譚」に、主人公が京都帝大あたりから山を越えて山科の自宅に帰るシーンがあったよな。それにしても狐な出会い。

鴨半は今ホットスポットになっている五条楽園界隈にあり、こちらも私の大好きな散策スポットであります、長くなるからいずれまた。そして鴨半の室内はオーナーのお好きな変わったインテリア物で満ち満ちています。台所にチベット箪笥を見つけた時も叫びましたっけ、「なんでこれがここにあるの!」やはり高松の知り合いからの仕入れでした。もちろん赤穂緞通もしつらえの一つとして参加しております。是非お泊りしてみてくださいね、窓からは鴨川の眺望、裏に高瀬川流れる。
というわけで、久しぶりの京都はとっても素敵な一日でした。

赤穂緞通工房ひぐらしwrote #京都 #赤穂緞通 #日記


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!
3

御崎灯台が丘

兵庫県赤穂市にある御崎灯台が丘。明るく静かな瀬戸内の海を見晴らす絶景の丘には、工房や美味しいお店、お洒落なお店が散在しています。それらをつなぐ海色の坂道と懐かしい風景。一日中歩き回りたい小さな丘からのメッセージ。http://todaigaoka.com/

赤穂緞通工房ひぐらし【御崎345】

赤穂緞通の工房とギャラリーです。 見学と購入ご希望の方はHPからご連絡ください。 http://akodantsu.com/gallery.php
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。