将来を生き抜くために、まずはお金の考え方からリセットしてみましょう。『お金の話 - 西村博之(ひろゆき)』

そもそも一般人のお金って、先々増えることないよね。日本の経済は縮小していくんだから、給料が増えることってないよね。会社も倒産しちゃうかもしれないよね。年金ってもちろん満額支払われない、支給開始年齢もきっと引き上げられちゃうよね。

で、だったらどう生きるの?
お金の考え方を変えたほうがいいよね。お金の稼ぎ方も考えたほうがいいよね。そもそも、お金を使わない生き方ができたらベストだよね。要は、将来に不安さえ感じなければ、お金なんかなくても大丈夫だよね。

昨日と同じ今日、今日と同じ明日がやって来ると信じて止まない人たち。現実は、昨日より劣る今日。今日より劣る明日がやって来る日本。僕たちが未来を生き抜くために、考えておいたほうがいいお金のこと。

本著では、ひろゆき流、これからを生きるための無敵のお金の話が語られています。

お金はどうなる! ?どうする! ?

ひろゆき、はじめての「お金の本」! あなたの「お金の不安」がいますぐ消える本! 自分を守り、これからを生き抜く「ひろゆきのマネー哲学」集大成!

生活費月5万円から最高年収数億円まで体験!
2ちゃんねる、ニコニコ動画、4chan…の西村博之がおくる、お金とのつきあい方の極意。

AIが引き起こす超格差社会、中流消滅、消費税上昇、キャッシュレス、老後不安、移民受け入れ、人口減少社会・・・これからぼくたちは生き延びるためにお金とどう付きあえばよいのか。
お金砂漠から解放されて、毎日楽しく生きるためには、何が必要なのか?
お金の常識もルールも変っていく!
「生命保険」「株」「宝くじ」「リボ払い」「ソシャゲ」「結婚」「生活保護」のコスパも一刀両断! これからの、お金の稼ぎ方、貯め方、使い方―。

いま本当に大事な「お金とのつきあい方」をひろゆきが伝授。

本著では、ひろゆきならではの考え方で、「お金の不安が解消されるには?」「お金とどうつきあえばいいのか?」「バカなお金の使い方・頭のいいお金の使い方」「これからのお金の稼ぎ方」が語られています。

そもそもなんで人って不安になるの? お金がないから不安になるの? でも、たとえお金がなくても将来ずっと生きていけるって保障があれば、不安って感じないよね? だったら、不安の根源ってお金そのものじゃなくて、将来生きていけなくなるかも? っていう漠然とした心配が原因だよね?

まずは本著で「お金の不安を解消する方法」に触れてみましょう。ひろゆき流のロジックで「お金の不安」という得体の知れない獲物を解体してもらえます。

毎月定額のお金が支給される仕組み「ベーシックインカム」を導入することで、僕たちの生き方がどのように変わるのかも示されています。

で、じゃあお金持ちになった先に何が待ってるの? みんなが思う「お金持ちになりたい願望」が叶った先には、何が待ってるの? お金とはどうつきあえばいいの?

不安が解消されたとしても、お金の正体を掴まないと。お金持ちになることと幸せになることが同じことだと考えている人も多いと思いますが、果たしてそうでしょうか? といったところも、ひろゆき流の考え方が示されています。

あとはお金の使い方。どんなお金の使い方が無駄で、かしこいお金の使い方はどうなのか。使わなきゃ減らないし、使うと減るし、無知な使い方していると損するし。簡単なようで意識できていないお金の使い方。ついつい欲望に流されてしまう無駄な浪費。

お金がないことが不安だ不安だって言いながら、けっこうジャブジャブとお金を垂れ流してしまっている部分もあるって事実。出費の現状は、本著を読んで知っておいたほうがいいかもしれませんよ。

そして最後は、これからのお金の稼ぎ方。「働く・稼ぐ」という概念が固定化されてしまっている人はぜひ、本著でその辺りの頭をほぐしていただき、不透明な未来を生き抜くための「思考のリセット」を行ってみてはいかがでしょうか。

あなたの会社は将来大丈夫ですか? これから先も昇給しそうですか? たくさんボーナスはもらえそうですか? ローンが完済するまで会社は存続しそうですか? 子どもの学費は払っていけますか? ご主人の会社は将来大丈夫ですか?

正直、未来のことなんてわかんないですよね。でも、このままじゃいけないってことだけは、なんとなく勘づいていますよね。だったら考え方から変えていきましょう。少しずつ。今すぐにでも。

本著で一度、お金の考え方をリセットしてみてはいかがでしょうか。

↓ 普段はこんな感じのことをやっています ↓

↓ エブリスタで超短編小説も執筆中です ↓

↓ facebookページはこちらから ↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今後も良記事でご返報いたしますので、もしよろしければ!サポートは、もっと楽しいエンタメへの活動資金にさせていただきます!

僕もスキです!ありがとうございます!
1

書評

ショートストーリー書きとして文学本を、Webマーケッターとしてビジネス本を、物書きの目線で書評をアップします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。