見出し画像

大変なのは主役か、それとも…〜vol.33〜

昨日は9月秀山祭大歌舞伎へ。

寺子屋と勧進帳を拝見。古典を観るのは久しぶりでした。

寺子屋って歌舞伎座で観劇するの3回目なんですけど、やっぱ面白いですね〜。何回見ても面白いのが古典…

さて、その次は勧進帳、これは大変ですね〜。
富樫や弁慶は良いですが、それ以外の方々はみんな待機です。座ってじっとしている。合引を使ってる役者さんはまだ良いですが、富樫についてる子供や家来はたぶん合引なしなので、大変だな〜と。

歌舞伎で大変なのは、座ってる人たち。

私も歌舞伎をかじったことがある人間なので、わかりますが、歌舞伎ってじっと待ってることが多いんです。これは本当に辛いです。重い拵え(衣裳に鬘)を付けたまま、舞台上で待機というのは至難の業。動いている方が実は楽。

歌舞伎っていうのはほとんどが“待ち芸”なのかも、、、特に時代物。
でもただ観劇してる私たちはそういうことはもちろん感じない。感じさせない役者さんたち、素晴らしすぎる。。。

今度観劇する皆さんは、歌舞伎の待ち芸を是非観てみてください。

今日はこの辺で。

#note #歌舞伎 #伝統芸能 #コラム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
毎週火曜にマガジン投稿してます(サボり中)!歌舞伎や伝統芸能の面白さを知ってもらうために活動中の専門学生。アラビア語勉強中。たまに旅行も行ってます✈️

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。