徐東輝(とんふぃ)

弁護士(法律事務所ZeLo/株式会社LegalForce)/NPO法人Mielka代表/World Economic Forum Global Shaper/JAPAN CHOICE運営/『憲法の視点からの日韓問題』/Twitter:@tonghwi17

100万人が使うWebサービスのマネタイズがなぜクラウドファンディングなんだ

僕は、平日弁護士として働く傍ら、空き時間を使って社会人や学生の仲間たちとNPO法人Mielkaという組織を運営しています。

今回はこのNPOが運営するWebサービスのマネタイズについて赤裸々に話してみようと思います。

Mielkaは「民主主義をアップデートする」をビジョンに掲げ、教育事業などを進めています。その中でも僕は、「データ、デザイン、テクノロジーを使った民主主義のアップデート」に関する

もっとみる

ViViと自民党というコラボが織りなす認知的不協和

講談社が月刊発行しているファッション雑誌「ViVi」が自民党とタイアップして、Tシャツをプレゼントするキャンペーンを打ち出した。(冒頭アイキャッチ画像はキャンペーンサイトから引用させていただきました。)

個人的には、自民党が今年に入ってミレニアル世代やZ世代へのアプローチを強めたことは注目していたし(たとえば「新時代の幕開け」)、それが若者世代にとって政治を考えるきっかけになるのであれば喜ばしい

もっとみる

就職先(としての法律事務所)の選び方

司法試験が先月終わり、いよいよ就職が気になりはじめる方も多くなる時期かと思います。
すでに司法修習も折り返しに入っている時期ですので、72期の方は余計に。

Readyforにいらっしゃる弁護士の草原先生が「弁護士事務所の選び方」という素敵なエントリーを出されており、僕も良い機会ですので、少し珍しいキャリアを選んだ身として、考えをお伝えしたいと思います。
(なお、ちょうど同時期に就職活動をしていた

もっとみる

こんなにもたくさん死刑が執行されて、一人の法律家として思うこと

オウム関係の受刑者の死刑が執行されました。
平成が終わる前に、この事件に一つのけじめがつけられたように感じます。

死刑は難しい問題です。
僕はもともと死刑廃止論者でした。

論点は多岐に渡ります。

<肯定派の論拠>
・犯罪抑止
・応報刑罰
・被害者、遺族感情
・社会復帰後の再犯可能性
・終身刑による国家負担の大きさ
・私人による仇討ちの抑制

<否定派の論拠>
・不可逆性(冤罪の可能性)
・殺

もっとみる

シン・ゴジラ6回見てもまだわからないけど,こんな視点で見てほしい

※ネタバレ(物語の枝葉末節の部分がほとんどですが)がありますので,もし初回を純粋に楽しみたいという場合はここから先は見ないでください。(初回でも細かいことまで楽しみたいという方にとっては面白いと思います)

注意点

・歴代ゴジラシリーズやエヴァからのパロディや継承は私自身が全く詳しくないので言及しません。
・また,有名俳優がどこでチラッと出てくるのか等の演出の話も出てきません。基本的に政治,行政

もっとみる

魔法の世紀における民主主義のアップデートのために

もう2週間も前のことですが,衆院選が終わりました。僕らの怒涛の日々はあっという間に過ぎ去りました。

衆院選の間,選挙情報可視化サイト「JAPAN CHOICE」を見つけてくださった皆さん,本当にありがとうございました。まだまだやりたいことの半分もできていませんでしたが,それでもたった10日間でたくさんの方に使っていただけたのは本当にうれしいです。

改めて,衆院選が終わったこの時期に,このサイト

もっとみる