『あなた』谷川俊太郎

あなたは
だれ?
わたしではない
あなた
あのひとでもない
あなた
もうひとりのひと
わたしとおなじような
みみをもち
わたしとはちがうおとを
きくひと
わたしとそっくりの
じゅっぽんのゆびをもち
わたしにはつかめないものを
つかもうとするひと
あなた

あなたは
たっている
まなつのひをあびて
うみにむかって
わたしにせをむけて
あなたはみつめる
とおい
すいへいせんを
あなたの
こころには
わたしのみたことのないまちの
わたしのあるいたことのない
こみちがつうじている
そのこみちに
いま
しずかにゆきがふりつもり
わたしのあったことのないひとが
こっちへはしってくる
そのひとが
あなたにむかって
なんとさけんだのか
わたしはけっして
けっしてしることはない

そのばん
あなたのめにうつったもの
だいどころの
かたすみの
あるみにうむの
なべの
ひかり
こたつのうえに
ひらかれている
うみのむこうからとどいた
いっつうの
てがみ
あなたがあいし
あなたをあいする
ひとのほおに
つたう
なみだ
それをわたしは
みなかった
だからわたしは
あなたではない
たとえいつか
あなたが
わたしの
いちばんのともだちに
なるとしても
たとえいつか
あなたがわたしに
おもいでのすべてを
かたるとしても

あなたはだれ?
もうひとりのひと
わたしとおなじ
くろいかみをして
わたしとよくにた
ふたつのひとみで
わたしにみえぬものを
みるひと

あなたは
わらってる
しろいはをきらめかせて
わたしが
くちをつぐむとき
わたしのてから
だいすきなぬいぐるみを
ひったくり
あなたのいきに
どろっぷのにおいがする
こんなちかくにいるのに
かぎりなく
あなたは
とおざかり
うちゅうじんのようなかおで
あなたは
わらっている
どうして
そんなにも
ちがうのか
あなたのはなは
わたしのはなではない
あなたのくちは
わたしのくちではない
あなたのこころは
わたしのこころではない
あなたをぶったとき
いたかったのは
わたしではない
あなたのはいてるくつは
いつどこでかったの
ゆうべあなたのみたゆめは
どんなゆめだったのか
あなたは
だれ?
あなたのふむすな
わたしのふむすなと
つながっている
あなたのうえに
わたしのうえにも
おなじしろいくもがうかんでいる
あなたのみるうみも
わたしのみるうみも
はいいろにくれてゆく
それなのに
いま
このしゅんかんにも
あなたと
わたしは
べつべつのことをおもう
わたしは
あなたになれない
そのことの
かなしみのあまり
わたしがあなたを
だきしめるとしても
わたしとあなたが
いつか
おなじひとつのりゆうで
なみだをながすとしても
あなたのゆびの
しもんと
わたしのゆびのしもんが
ちがうように
あなたは
わたしとはちがう
もうひとりのひと
あなたは
だれ?
あなたのいってしまったあと
あなたのすてていった
ぬいぐるみが
すなのうえに
ころがっている
そして
わたしはきづく
わたしがもう
そのぬいぐるみを
すきでなくなっていることに

あなたはだれ?
わたしに
うそをつくひと
わたしを
あざわらうひと
わたしを
くるしめる
わたしもきっとあなたに
うそをつき
わたしもきっとあなたを
あざわらい
くるしめている
わたしはだれ?
あなたにとって
おなじあかいちのながれているひと
おなじことばをはなすひと
はるかなむかし
おなじうみのそこから
ゆっくりとうまれてきたひと
それなのに
わたしではないひと
あなた

けれどもし
あなたとであわなかったら
わたしはいない
あなたと
いいあいをしなかったら
わたしのことばは
むなしくそらにきえる
あなたをぶたなかったら
わたしは
ひとりぼっち

あなた
だれ?
いってしまったあとも
わたしのこころに
いるひと
うみにむ
ほっそりとしたすがたで
たっているひと
いつまでも
たっているひと
わたしとちっともにていない
かおをして
わたしとはちがう
くつをはいて
わたしのみない
ゆめをみるひと
わたしではない
あなた 
たとえはなればなれのみちを
あゆむとしても
あす
わたしは
あなたに
あいたい

あなたは
どこ?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご訪問ありがとうございます。この投稿を面白いと思った方は、スキ、コメント、SNSへのシェア、サポートetcして頂けると大変励みになります。よろしくお願い致します。

今日もあなたの一日が素敵な一日でありますように。
25

kana

引用

大好きな詩や映画、本からの引用

コメント6件

Hiro-ponさん、「あなた」は他人だけど、私の一部なんですね。素敵です。
shinibuさん、この詩を書いた時、谷川さんは恋をしていたそうです。苦しい恋だったのかもしれませんね。
文章と言葉のすべてが、わけもわからずくるしくくるしく泣きたくなる詩でした。。
私も何回も読みましたが、この仮名のみの書き方が更なる切なさを運んで来ますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。