オットー_ネーベル

【小説の書き方 63】

多かれ少なかれ非日常的なことが
多かれ少なかれ非日常的に表現されているのが小説なので
一般的なことに対して
一般的な反応、感想しか引き出せていない場合
不必要なことを書いてしまった可能性が高いのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

川光 俊哉 Toshiya Kawamitsu

第24回太宰治賞で小説『夏の魔法と少年』が最終候補作に選ばれる。2013年以降、舞台『銀河英雄伝説』シリーズ他、商業演劇で脚本を手がける。二松學舍大学文学部国文学科 非常勤講師。ポストメタルバンドlantanaquamaraでボーカルを担当。Twitter @TKawamitsu

小説の書き方

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。