3-2.音のツボについて2『トランペット ハイノート本 ~美しい High Bbで奏でるために~(仮)』

前回の記事では「音のツボ」がどのようなものかをお伝えしました。
今回は実際に音のツボを出す実践編です。


コントロールより耳を使う

音のツボに限ったことではなく、このような話題になるとどうしても「奏法」を優先し、意識をからだの使い方に集中させてしまうことが多くなってしまいます。

しかし、演奏において最も大切なのは「自分の音がどう聴こえているのか」を判断するためのイメージの強さと、自分の音を聞く耳です。

ですから、音のツボにしっかりと当てるためにもまずは、


「どのような音がツボに当たった音なのか」
「これからどのような音を出そう(目指そう)としているのか」


といった具体的なイメージを強く持ち、そして音を出しているときには、からだの使い方ばかりに意識を捉われずに、必ず聴こえてくる音を耳で捉えて、奏法とリンクさせ続けるように心がけけてください。

この続きをみるには

この続き:4,148文字/画像8枚

3-2.音のツボについて2『トランペット ハイノート本 ~美しい High Bbで奏でるために~(仮)』

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

今後ともよろしくお願いいたします!
4

ハイノート本 第3章

出版を予定している「トランペット ハイノート本 〜美しいHigh Bbを奏でるために〜(仮)」の原稿を隔週にて順次有料公開しております。 こちらのマガジンでは第3章「実践編1」を掲載します。 具体的な音域変化の方法をこの章で身につけましょう!
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。