私が抱えている「嫉妬」の感情について赤裸々に語ってみた

 魅力的な人と出会うと、「こんな素敵な人、会った人みんな好きになるやん」って思っちゃうから、同性に対しても異性に対しても嫉妬して苦しくなる。

 同性に対しては「こんなん出会った男全員好きになるやろ。私に男が回ってこない」って思っちゃうし、異性に対しては「こんなん会う女みんな惚れるやろ。他の女の相手で忙しくて、私、相手してもらえなくなるやん」って思っちゃう。

 良くも悪くも人の魅力に対する感受性が高いのです。(ちなみに、それが自分に向かうと無敵モードを発動していることも多い)

この続きをみるには

この続き:2,035文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

『嘘つきは作家のはじまり』よりもプライベートな内容になっています。くだらない記事も多数アリ(!) わたしのことを本当に好きな人だけ購入...

または、記事単体で購入する

私が抱えている「嫉妬」の感情について赤裸々に語ってみた

水流苑まち(つるぞの・まち)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。 『この世界の余白』としての生をまっとうすべく、意味のないものを生み出すために使わせていただきます。

ありがとう、飴ちゃんあげよ。
6

水流苑まち(つるぞの・まち)

「余白」をテーマに文章、イラスト、テーマパークなどのコンテンツを生み出す「余白」アーティスト。 意味のないものに意味が生まれる場所・水流苑神社(http://urx3.nu/QiHa )やってます。おすすめマガジンは『予言の書』『 雑読みで楽しむ文学』『嘘つきは作家のはじまり』。

つるぞのちゃん解体新書

『嘘つきは作家のはじまり』よりもプライベートな内容になっています。くだらない記事も多数アリ(!) わたしのことを本当に好きな人だけ購入してね。 ※記事が増えるごとに金額を上げていくので、早めの購入がお得です!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。