見出し画像

TWSNMPの作り方(その1)

オリジナルのTWSNMPは、20年以上前にVisual C++で開発しました。Windowsのソフトを開発する場合の定番だったと思います。現在は、その頃に比べて多くの言語や開発環境があって開発者にとっては、恵まれたいる時代ですが、逆に選択肢が多すぎて困ってしまいます。TWSNMPの開発において、私がどのように、開発言語や環境、ライブラリを選んでいるか書いておきます。

まずはエディタ

プログラマにとってエディタは宗教のようなものです。いろんな宗派があって、みんな、その宗教を信じています。(これが一番使いやすいと)だから、ずっと同じエディタを使っている人が多いと思います。私は、その時代にもっとも使いやすいエディタに乗り換えてきました。Visual C++での開発は、Microsoft Visual StudioというIDE環境を使っていました。秀丸エディタも長く使っていました。

 Macでソフト開発を行うようになって、有償のエディタも含めていろいろ使っていましたが、最近まで、ATOMエディタを気に入っていました。ATOMエディタは、有償のエディタの良いところを無償で使えるようにした嬉しいエディタです。

でも、今はVisual Studio Code(VS Code)以外にエディタはないと思っています。

Microsoftは、ずるいと思いました。ATOMエディタの良いところだけを凝縮したエディタがVS Codeだからです。この良さは、使ってみないとわからないかもしれません。宗教なので

エディタの乗り換えは、新しいことを始めるきっかけになります。VS Codeを使ってTWSNMPマネージャ復刻版を作ってみようとか!

つづく




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
私は、TWSNMP Managerの開発者です。 20年以上前に作ったソフトを、いまだに多くの人に使っていただけて、幸せに思っています。 最近、新しい技術でTWSNMP Managerの復刻版を作ろうと思い開発日誌をnoteに書いて行こうと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。