「富士の鶏」の炙りチキン

富士宮近辺の鶏のお店として有名なのが「青木養鶏場」さんです。駿河シャモ富士の鶏(とり)といったブランド鳥の生産者であり、「チキンハウス」という直売店も持っています。地元民は「今日はちょっといい鶏肉を食べたいな」という時は、そちらで買います。

鳥自体も美味しいのですが、なんといっても鮮度が高いので、特に気を遣わなくてもジューシーに仕上がる嬉しい鶏肉です。実は私は、肉類の中では鶏肉が一番好きなのですが、それは、青木養鶏さんが近くにあったのが大きいのかもしれません。

中でもイチオシなのが、「炙りチキン」です。ルックはこちら。どどん。

炙りチキンは、富士の鶏のむね肉を使い、外側を炙って調理した後に急速冷凍して販売されているお惣菜です。イメージとしては、カツオのたたきを思い浮かべていただくのが近いかと思います。あれの鳥むね肉版です。ポン酢や、あまくちのおさしみ醤油でいただくのですが、さっぱりとした鳥の味に加え、半生というか、シャクっという食感がたまらない一品です。

九州の方では、普通に鳥のお刺身が売っているようですが、富士宮周辺では残念ながら見かけません(お店に行けば食べられる所もあります)。そこで、その代わりと言ってはなんですが、この炙りチキンを頂くのです。
薄切りにして、卵と甘辛タレと合わせて、鳥のユッケ風にしても美味しいですよ。

余談ですが、この青木養鶏さんは、卵の形状っぽいひよこがマスコットキャラクターなのですが、青木養鶏の大将がこのひよこにどことなく似ていると私の中で話題です。

割とがっしりとした体格で、スキンヘッドの強面なのですが、シルエット等々が、どことなく卵っぽさを醸し出しています。ひょっとしたら、鶏を生産し続けているうちに、寄せて行ってるのかもしれません。

ともあれ、富士宮近辺にお立ち寄りの際には、ぜひ、「炙りチキン」を体験してみて下さい。鳥肉好きの方であれば、間違いないですよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! うれしいものです。
1

Ume YOSHIOKA

じもとごはん

地元のご飯のあれやこれやを
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。