画面の分裂

初出:「iD JAPAN」

 スマホを捨てて5年以上が経った。
 インターネット依存症と言ってもいいほどのネット中毒だったぼくにとって、スマホは悪魔の道具だった。
 なにせ、起きている間は常にネットとつながっていられるのだ。
 朝から晩までゲーム、マンガ、アニメ、ニュース、SNS……あらゆる情報にアクセスして延々と情報をため込んでいると、自分が単なる情報処理マシンになったような非人間的な気持ちよさがあった。
 朝は睡眠管理アプリで自分の今日のコンディションを調査。TODOリストで仕事を整理。昼は食べログ高評価の店に行き、夕方はランニング管理アプリで汗をかいて、夜はヨガアプリでメンタルヘルスを調整……できない……できてというわけで、ぼくは5年前にすっぱりとスマホを捨てたのだった(実際にはスマホどころか携帯電話すら持たない時期が1年近くあったのだが、周りの不評によりキッズケータイに。そして今はガラケーになっている)。!?
 気がつくと、ネットに逃避することで仕事がほとんどできなくなっていた。
 これはいけない。死ぬ。
 というわけで、ぼくは5年前にすっぱりとスマホを捨てたのだった(実際はスマホどころか携帯電話すら持たない時期が1年近くあったのだが、周りの不評によりキッズケータイに。そして今はガラケーになっている)。
 世間のみなさまはスマホを持ってよく正気でいられるものだ……いや、もう狂っているのかもしれない。
 電車のなかで賢そうな大人たちがどんな意識の高い記事を読んでいようとも、その見た目はうすっぺらいガラス板を指でこすったりたたいたりしているサルだ。こないだSF映画の古典的名作であるキューブリックの『2001年宇宙の旅』を見たのだが、冒頭でサルが黒い石版<モノリス>に触れて人へ進化するシーンがスマホを手に入れた人類のメタファーにしか見えなかった。
 初代iPhoneの発売が2007年。日本でiPhone 3Gが発売されたのが2008年。10年前、スマホがなかった時代から考えると人類は進化したような……してないような……。果たして人はスマホで賢くなっているのだろうか?
 そもそも人間の脳は便利な道具や環境を手に入れることで、どのくらい変化するのだろうか?
 この問題についてぼくが知っている有名な話は、『ネット・バカ』に書かれた、かの有名な哲学者フリードリヒ・ニーチェのものだ。

この続きをみるには

この続き:3,097文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
文庫感覚で買えて読めるエッセイ集。

エッセイ集 500円でまとめて全部読める。 一本でも買える。 買ったあとも増えていく。 という設定にしてみたけどうまくできているのかテスト。

または、記事単体で購入する

画面の分裂

海猫沢めろん

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よりよい生活のために役立てます。

また来てね
5

オンラインめろん

▼月5~8回くらい更新される。 #近況 #雑記 #最新仕事 #課金バリア
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。