パイサーン師の「幸せを導く仕事のアート」(1):仕事と仕事をする人

この続きをみるには

この続き:1,891文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、タイ仏教のお坊さまたちのお話が毎日届きます!タイからの風をどうぞ。

タイ仏教、主に森の寺スカトー寺住職パイサーン・ウィサーロ師の説法を中心にタイ語から翻訳。東北タイ、カオヤイに住む浦崎がお届けします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援やサポートをいただくたびに、これからも翻訳や執筆を続けていこう!と励まされています。

サードゥ(善哉)
13

月刊:浦崎雅代のタイの空(Faa)に見守られて

タイ仏教、主に森の寺スカトー寺住職パイサーン・ウィサーロ師の説法を中心にタイ語から翻訳。東北タイ、カオヤイに住む浦崎がお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。