見出し画像

「水曜どうでしょう祭2019」嬉野さんの言葉の切れはし#279

夜になってライトがワッと当たると、お客さんの表情が直ぐそこに見える。みんなこっち向いて笑っているのが浮き上がってくるんです。その無心な笑顔が1人残らず見える光景、それは胸に迫ってくる幸福な光景でした。
--嬉野雅道

----------------------------
ステージから客席を見たときの景色がこれまでの会場とは明らかに違うんですよ。客席はゲレンデだから、お客さんたちは斜面に立ってくれてるわけです。だから客席が見下ろすような位置にないんです。目の前にお客の顔がせり上がってくるんです。だからどんなに遠くても全員の顔が見える。その客席に、夜になってライトがワッと当たると、お客さんの表情が直ぐそこに見える。みんなこっち向いて笑っているのが浮き上がってくるんです。その無心な笑顔が1人残らず見える光景、それは胸に迫ってくる幸福な光景でしたよ。
--嬉野雅道(水曜どうでしょうディレクター)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このお賽銭箱にね"チャリンチャリン鳴るようなそんな不浄なものは喜んで捨てさせていただきます"と望まれる方も稀におられるかもしれない、そんな方はここに不浄なものを日々放ってね功徳を積んでいただきたい。いや、押さなくていいのよ。でも、押すな!とも言いませんよ。止めませんよ!

ホワイト・スキ・カモン!
120
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。