Criacao Shinjuku 選手紹介Note


こんにちは、Criacao広報です。



まだ広報経験値が1カ月程度の未熟者です。
色んな広報の本を読んでみたり、広報セミナーに参加してみたりしましたがわからないことばかり。


そんな私にとって、Twitterを通じて指摘をもらえることは最高の学び。今回も「選手紹介をわかりやすくしてくれるとありがたい」という声を頂いたので、さっそく作ってみました。


最初は選手紹介コラムつくるの面白そうだな...と思ったものの、私には致命的な欠陥があります。それは「サッカーの素人」ということ...





そこでソウシさんに相談してみました。

そうしさん
株式会社Criacaoのデザイナー。机の上にタバスコが置いてある。コーヒーをお茶碗で飲む変な人。私の師匠。




「そうしさん、サッカーの素人である私が選手紹介して価値ありますか?」


ソウシさん
「いいんじゃない(適当な感じの返事)。後で目が肥えた人視点バージョンもつくりましょう」


「そうですね。ダメならまた別バージョンつくればいいですよね。とりあえず頑張ってみます」




という事で、
サッカーの素人目線コメントになりますが、今後取材力を強化して皆さんにもっとたくさんの価値を提供できるよう頑張ります。わかりづらかったり、もっとこうしてほしいなどあればご指摘いただけるとありがたいです。頑張って改善します!!






GK
#1 阿部 雄太(あべゆうた)

努力  ★★★★★
声出し ★★★★★
器用さ ★

生年月日
1991年7月26日


今年の個人の目標
ピッチ内外で関東1部昇格にふさわしいチームにする


座右の銘
健康一番!!


阿部君について
リクルート時代は大阪から、毎週始発の新幹線に乗って練習・試合に参加していた。村下の加入でセカンドキーパーになっても腐ることなく、地道に自分が出来る事を模索し続けている。
自分は不器用で身体能力がないからこそ、誰よりも努力するだけ。努力を辞めた瞬間に自分は何も残らない。と信じて彼は行動している。才能に負けそうになった時は是非阿部君に注目してみてください。元気が出ます。



試合の時に注目してほしい事

試合前の練習や、ハーフタイムの練習時間に誰よりも本気で向き合っているのが阿部君です。ベンチでもチームの勝利を本気で求めて、声を出している姿に心を動かされる。
試合に出れば彼は全責任を自分へと押し付けて向き合おうとする。GKが点を取られなければ絶対に負けないんだと言い聞かせて勝負する。だからこそ敗退後の精神的ダメージも大きいが、彼は努力で乗り越えようとする。





GK
#21 村下将梧(むらしたしょうご)

セービング技術   ★★★★★
キックの精度    ★★★★★
飲み会のテンション ★★★★★

生年月日
1993年10月14日


今年の個人の目標
リーグ最少失点


座右の銘
電光石火


村下君について
面白い事や楽しい事もできるけど、職人気質なタイプで地道にコツコツとやっていくこともできる。オンとオフのギャップが大きく、スイッチを入れた時の集中力は凄まじい。独自の世界観があって、物事を突き詰めて考えていく事が好きな人。ちょっと気難しい年上の男性から好かれる気質がある。
白いTシャツにジーンズ姿が似合う。


試合の時に注目してほしい事
ロングキックとスローイングを使い分ける判断基準が優れている。普段はロングキックを多用しているが、ここぞという場面でスローイングに切り替えてカウンター攻撃の起点となることも。守備時はかなり細かい点まで意識して選手をコーチングしている。全体把握が出来ているからこそ、守備範囲が広くて守護神と呼ぶのにふさわしい。





DF
#2 金 裕士(きむゆさ)

気持ち ★★★★★
責任感 ★★★★★

鼓舞  ★★★★★

生年月日
1987年11月26日


今年の個人の目標
関東1部昇格


座右の銘
頑張る時はいつも今


ゆささんについて
すごくキャプテンらしい人。絶対に優しいだろうなという雰囲気の中に、強い芯のようなものを感じられる。人気上司ランキングとかがあれば、絶対に上位にくる人だろうなと試合を観ながら考えたりする。
点をとった時にチームを引き締めるための喝を入れたり、点を取られた時にチームを鼓舞するための喝をいれて常にベストな状態で選手が戦えるように心がけている。


試合の時に注目してほしい事
完全に素人の意見だが、チームの中でめちゃくちゃ技術がある人じゃない。その分、試合展開を読む力に優れていてチームのピンチを何度も救っている。選手が熱くなりすぎた時は「手を出さない」、ファウルしたら「謝ろう」と冷静だけど、ここぞという場面で「気持ちで負けんな」と鼓舞してチームに大きな熱と勢いを生み出す。試合を観ている自分も鼓舞されることがある。頭のいい人であり、情熱的な人なんだと見ていて感じる。





DF
#3 井筒陸也(いづつりくや)

キックの精度 ★★★★★
空中戦    ★★★★★
距離感    ★★★★★

生年月日
1994年2月10日

今年の個人の目標
誰よりも上手くなる


座右の銘
痛みは避けがたいが、苦しみはオプショナル(こちら次第)


井筒君について
常識・当たり前を疑って行動し続ける人。人が選択しない方向へと突き進んでいくので壁にぶつかることが多い。もっと逆を行けば楽なのにと思う事もあるが、彼は決して楽な道を選択しない。
「人と逆を行く事」を信条にしている訳ではなく、本当に価値があるものは何かを考えて行動した時に、たまたま道が逆だったという事が多い。尖った印象を受ける人も多いと思うが、一緒に仕事していると柔軟性もあり、人としても筋が通っていて楽しいお酒が飲める仲間だと私は感じてる。


試合の時に注目してほしい事
まず絶対チェックしてほしいのは彼の試合前ルーティン。彼のサッカーはこのルーティンからスタートする。


守備時にはどれだけ飛んでいるんだろうと思うぐらいの高さでボールをクリアして、攻撃面では正確なキックで味方のチャンスを創出するバランスが良いセンターバック。監督が理想とするサッカーに対しての理解力が高く、常に全体図と理想図を重ねながら誤差を埋めるために軌道修正するピッチの中の監督ともいえる。






DF
#4 伊藤克尚(いとうかつひさ)

泥臭さ    ★★★★★
情熱     ★★★★★
我武者羅   ★★★★★

生年月日
1997年2月24日


今年の個人の目標
チームを勝たせられる選手になること


座右の銘
気持ちには引力がある


伊藤君について
彼は多くを語らない人間だ。それ故に何を考えているのがわかりにくい部分もあるが、彼は無言実行型で、とことん行動で自分の感情を表現する選手だということが試合をみているとわかる。
あまり話さないので冷静に淡々とプレイする人なのかなと思っていたら、全力で走り、ぶつかっていく姿勢に彼の熱量の高さが見える。チームが勝った時は冷静な顔をして挨拶するが、チームが上手くいかなかった時の彼の表情はいつも人一倍悔しそうだ。


試合の時に注目してほしい事
彼は泥臭く前へと切り込んでいくプレイヤーだ。体制が崩されてもボールに向かって走り続ける。華麗なテクニックで相手を抜き去るようなケースはあまり見ないが、彼が必死にボールを追う過程でチャンスが生まれたシーンを何度も見てきた。どんな状況でもボールに向かって走る彼の姿勢に注目してほしい。






DF
#5 恩田雄基(おんだゆき)

人気  ★★★★★
攻め気 ★★★★★
図太さ ★★★★★

生年月日
1993年12月15日


今年の個人の目標
やりきる!


座右の銘
好きこそものの上手なれ


恩田君について
キッズサポーターから大人気の選手で、試合中は「おんちゃん頑張れ~」という声がたくさん聞こえてくる。人と人の間に壁をつくらない性格で、親しみやすいキャラクター。一度やると決めた事を最後までやり抜き通そうとする意志が強い。まわりから注目されるのが好きなので、応援されるほど力を発揮するタイプ。



試合の時に注目してほしい事
まず彼の一番の特徴は、ディフェンスだけど「点を取りたい」という気持ちが強い事。さっきまで守っていたのに、いつの間にか攻撃の最前線にいることも多い。昨年まではバランスがとれずに苦しんだが、今年は「攻めるべきポイント」とそうでない時を冷静に判断できるようになり好調を維持している。球際も強くて、ボールを最後まで追いかけ続ける体力もある。







DF
#14 江幡 駿(えばたはやお)

顔面偏差値 ★★★★★
面白さ   ★★★★★

努力    ★★★★★

生年月日
1992年2月28日


今年の個人の目標
クリアソンファンを10名以上増やす!!


座右の銘
イマ ココ ジブン


江端君について
優しく、まじめでチームに対する思いが強い人だと思う。新加入選手に積極的に声をかけている姿をよく見る。井筒君も入ったばかりの頃に、練習で「陸のような選手が入ってくれて嬉しい」と最初に声をかけてもらい、チームに対する思いや考え方などについて聞かせてくれた。と語っている。
常に自分だけでなく全体を意識して物事を考え、行動することがサッカーサークルでの経験から染みついているのかもしれない。チームメイトにも、対戦相手にも敬意をもって向き合っている姿勢が印象的な選手。


試合の時に注目してほしい事
出番がどんなに少なくても、全力で準備する姿勢に彼の人柄がでている。そして少ないチャンスの中でもチームに貢献するために全力で走る。本当に強い思いをもってピッチに立っているのが伝わってくる。
私はイケメンは苦手だけど、彼のような選手は大好きだ(笑)






DF
#15 千葉 丈太郎(ちばじょうたろう)

期待値 ★★★★★

生年月日
1995年8月19日



今年の個人の目標
レギュラー獲得、10アシスト。


座右の銘
跳べない理性より、跳べる熱情


現在ケガのため、まだ一度も彼のプレイを見る事ができていません。
このプロフィール欄をアップデートできる日を楽しみにしています。





DF
#22   剣持 雅俊(けんもちまさとし)

成長意欲  ★★★★★
闘争心   ★★★★★

スピード  ★★★★

生年月日
1983年12月9日


今年の個人の目標
楽しみ、勝つ


座右の銘
有言実行


剣持さんについて
言ったことはやる、やりきる人。10分でやったことを8分で出来たら「よしっ」と思う人。さらに7分にするには?と考える人。寡黙でとことんつきつめるが、人当たりがさわやかで誰とでも打ち解けられる人。物事になぜなぜを100万回以上繰り返しているような人。人に相談されることが多い人。とにかく「圧倒的な強さ」が好き。バロセロナ、巨人が好き!強いから好き!


試合の時に注目してほしい事
チームの中で誰よりも闘争心が強く、「絶対に勝つんだ」という気持ちをプレイで表現してくれる選手。印象的だったのは激しい接触プレイで頭を怪我した時も、包帯を頭にグルグル巻いて3分後にはピッチの上でガンガン走り回っていたこと。
成長欲求が人一倍強く、毎年自分のプレイが良くなっている感覚があるんだと30代後半になった今もピークを更新し続けている。





MF
#6  黄 誠秀(ファン・ソンス)

フィジカル   ★★★★★
インターセプト ★★★★★
視野      ★★★★★

生年月日
1987年7月10日


今年の個人の目標
関東一部昇格


座右の銘
人生は一度きり


ソンスさんについて
そん兄(そんにい)という愛称で、チーム全員から慕われている。Jリーグ時代のファンも多く、試合に応援に来てくれたファンの方とのコミュニケーションを大切にしている。帰りのバスの中で、「本当に応援してくれる人に感謝しなくちゃいけない。自分の意思だけでは100%しか頑張れないけど、応援してくれる人がいるから120%がだせる」と話していたのが印象的。打算が一切なく、心からそう思っての発言だと伝わってくる。


試合の時に注目してほしい事
プレイが上手い事は言うまでもないが、とにかく献身的で力強いプレイに心が動かされる。ひとつひとつのプレイと全力で向き合う彼の姿に「絶対に勝つんだ」という強い意思がこちらにも伝わってくる。普段は穏やかで優しいソンスさんだからこそギャップでグッとくる。攻撃面でも多彩なアイデアと、スピードで相手ゴールを脅かす存在だ。






MF
#7  川井 健吾 (かわいけんご)

誠実さ  ★★★★★
頭の良さ ★★★★★
正確性  ★★★★★

生年月日
1993年4月17日


今年の個人の目標
楽しみ続ける


座右の銘
可能性を信じる


健吾君について
理系という特性だからなのか、いつも何かを考え悩んでいる。色んな方向から物事を考えすぎて、すごくシンプルな事でも複雑に捉えてしまう。自分はそんな健吾君が人間らしくて大好きだ。いつも考えすぎて空回りしてしまう事も多いが、自分の中で腹落ちしてスッキリした時は想像以上のプレイを見せてくれる。人としても優しく誠実で思いやりがある。


試合の時に注目してほしい事
彼の持ち味は正確なロングキック。どこからでもチャンスを生みだせる可能性を秘めた選手である。彼のプレイは人間性とセットで見ると面白くなる。キックが正確であるが故に、彼に迷いがある時はすぐにわかるし、迷いがない時は素晴らしいプレイで観客を沸かせてくれる。






MF
#8  須藤 岳晟(すどうたけあき)

安定感   ★★★★★
バランス  ★★★★★
組織的守備 ★★★★★

生年月日
1995年8月9日


今年の個人の目標
勝利に貢献する


座右の銘
覚悟


岳君について
実年齢と精神年齢に大きなギャップがある。まだ23歳とは思えない落ち着きがあり、客観的に物事を見て発言・行動する事ができる。何事にも意識を高く持って取り組もうとする人間で、どんなに良い試合の後も何が足りなかったのか・出来ていなかったのかを冷静に分析しようとする。知的好奇心が強く、新しい知識・経験を積極的に自分の中に取り込もうとする。



試合の時に注目してほしい事
彼はとても頭の良い選手で、自分が苦手な事・得意な事を理解した上で最善のプレーを選択しているように見える。相手プレイヤーを良く見ているので、前半でやられても後半ではしっかりと対策できていたりする。修正能力が高いので、守備面で相手選手との距離感が前半と後半で微妙に変わっていたりすることがある。






MF
 #10 |石川 大貴(いしかわだいき)

センス   ★★★★★
意外性   ★★★★★
テクニック ★★★★★

生年月日
1995年10月1日


今年の個人の目標
痩せる


座右の銘
人生の意義は「何をなすか」ではなく、「何をなそうと胸を焦がすか」である。


石川君について
頭が良く、物事を突き詰めて考えられる。言語化能力に長けているため、通常の選手が感覚値でやることを言語化・構造化しようとする。だからこそプレイの質に波がなく安定感抜群。
絶対的なエースであり、本人にも自覚があるからこそ上手くいかなかった時に必要以上に精神的ダメージを追ってしまう。まだ社会人1年目のため、仕事で覚える事が多くサッカーに集中できない日々が続き、コンディションが上がってこないので思い描いているプレイと現実のギャップで苦しんでいるように見える。そんな中でも悪いなりに最善を考えて行動できるところに彼の精神的強さがある。


試合の時に注目してほしい事
圧倒的攻撃センス。まるで上空からサッカーを客観視できているかのようなパスをだして相手を翻弄する。キックの正確性も高く、ボールをもらったら持ち前のテクニック・ポジショニングでボールを奪われない強さもある。
パスセンスだけでなく、ミドルシュート・ループシュートなどシュートバリュエーションも豊富で、どこからでも点がとれる選手。ボールをもらおうとする位置も論理的で、そこでもらえば絶対にチャンスが生まれるよねという場所にパスを要求する。






MF
 #17  上村 佳祐(うえむらけいすけ)


サイド攻撃   ★★★★★
献身性     ★★★★★
ポジショニング ★★★★★

生年月日
1995年4月9日


今年の個人の目標
関東1部昇格


座右の銘
気持ちには引力がある


佳祐君について
真っすぐな人柄で、嘘がつけない誠実さがある。試合ではバランスよく体力を配分しているというよりは、とにかく今組織に必要とされることを全力でやるんだというマインドで向き合っているように見える。
コミュニケーションはとても丁寧で、人の話を真剣に聞こうとする人。誰からも好かれ、敵をつくらないのが彼の魅力だと思う。


試合の時に注目してほしい事
彼はチームがピンチになれば全力で自軍を走り回り、チャンスになれば全力でゴールに向かって走る男。後半になると明らかに苦しそうな表情をしているが、それでも全力で走ることを辞めない彼の姿勢に私は心が動かされる。ポジショニングが上手くて、いつもいいところにいるので彼の攻撃からチャンスが生まれる事が多い。ちょっと遠慮気味で、シュートよりもパスを出せる相手を探してしまう事もあるが、それもまた彼らしい。




MF
#55  高橋 亜聡(たかはしあさと)

成長性 ★★★★★
泥臭さ ★★★★★
器用さ ★

生年月日
1999年11月9日


今年の個人の目標
スタメン勝ち取る


座右の銘
思うまま生きる


亜聡君について
彼の人柄を表現するなら「喰らいついてくる人」という表現が適切かもしれない。入部当時は技術面やスピード感でトップチームに通用しない部分があり、彼にとって苦しい時期が続いていた。たくさん悩んだと思うし、先が見えない辛さもあったけど、それでも諦めずに質の高い努力を続けてきた。どんな時でも絶対に喰らいついてやるという彼のメンタルが、クリアソンにたくさんの勇気を与えてくれている。


試合の時に注目してほしい事
1試合ごとにどんどん進化する彼のプレイに注目してほしい。少しづつ自信が生まれてきて、プレイも積極的になってきた。前のめりになった分、ゴールに近づく場面が多くなり今シーズンは既に2ゴールを決めている。攻めだけでなく、守備面も非常にアグレッシブな選手だ。相手に気持ちで負けない強さがある。





MF
#77  大和田 歩夢(おおわだあゆむ)

気遣い  ★★★★★
スピード ★★★★★
小回り  ★★★★★

生年月日
1995年7月7日


今年の個人の目標
コンスタントにスタメン出場


座右の銘
不撓不屈


歩夢君について
コミュニケーションがものすごく丁寧で繊細。本当に細かい部分まで気遣いができて、ホスピタリティーの高さを感じる。かわいらしい人柄で誰からも愛される存在。人と人の間に壁をつくらないので、初対面でも話しやすい。いつも笑顔でニコニコしていて、ほっこりさせてくれる選手。カメラマンに「今日試合に出たらちゃんと撮ってくださいね!!」とニコニコしながら声をかけるチャーミングさもある。

下記「試合に出たら撮ってください」と言ってるシーン。


試合の時に注目してほしい事
彼はクリアソンのスピードスター。アジリティ―が高く、小回りが利くので相手を翻弄させるプレイをしてくれる。動きが派手なので、観ていて楽しい選手でもある。彼のプレイは「ぴゅぴゅーん」という擬音語で表現するのが一番伝わりやすいかもしれない。本当にビューんと相手ゴールに向かって、すごいスピードで攻めるスピードスター。





FW
#9  原田 亮(はらだりょう)

泥臭さ   ★★★★★
ヘディング ★★★★★
競り合い  ★★★★★

生年月日
1987年10月14日


今年の個人の目標
チームの勝利に貢献したと胸を張って言える試合を限りなく多く作る


座右の銘
大いなる力には大いなる責任が伴う


亮君について
自分に与えられた責任を全うしようとする。彼の良いところは迷わず進んでいくのではなく、本当にこれでいいのだろうかと悩みながらも責任を果たすために進んでいくところ。色んな不安や悩みがあっても、自分の責任を果たさなければと必死で努力する姿に心が動かされる。
不器用なんだけれど、器用なふりをして一生懸命頑張った事でも、何事もなかったかのように語っている彼の姿勢が好きです。


試合の時に注目してほしい事
彼はとにかくチームのために泥臭くプレイします。身長の高さと、競り合いの強さを活かしてチームの起点となり攻撃のスイッチを入れてくれる。守備面でもかなり前からプレスをかけて走り回る。
起点となるだけでなく、常にゴールを狙っている選手です。プレッシャーに強く大事なところで点を決めてくれる頼れるストライカー。




FW
#11  伊勢 太一(いせたいち)

イケメン ★★★★★
キープ力 ★★★★★
我武者羅 ★★★★★

生年月日
1994年6月1日


今年の個人の目標
2桁得点


座右の銘
チャーミングであれ


太一君について
変なプライドがなく、サークル出身者として常にチャレンジャー精神を持って、試合に臨んでいる選手。サークルの中にも真剣にサッカーと向き合う人間がいて、部活動でやってきた人間にだって負けないんだという事をプレイで証明しようとしている。だからこそ試合の中で彼が「今できる全力をだそう」という意思をもってプレイしているのが伝わってくる。優しくて素直な選手だが、芯の部分は強く自分の中で譲れない何かをもって行動している。


試合の時に注目してほしい事
ケガの影響で彼のプレイは1試合しか観れていません。その上での感想になりますが、低い姿勢でボールをしっかりと保持できるキープする選手。突破力が高い訳でははないが、全力で走って泥臭く攻め込もうとする。気持ちで絶対に負けない様にしようという意気込みが伝わってきます。




FW
#13  高橋 滉也(たかはしこうや)

センス    ★★★★★
アグレッシブ ★★★★★
バランス   ★★★★★

生年月日
1996年4月11日


今年の個人の目標
試合に出ること、5得点


座右の銘
気迫は技術を凌駕する


滉也君について
普段は爽やか・穏やか・優しい好青年。試合になるとスイッチが入って、アグレッシブにガンガン攻めていく闘争心の鬼になれる。気持ちだけで突っ走るのではなく必要に応じて冷静にクレバーに攻める事もできる。好奇心が強く、学ぶことに対して貪欲な姿勢があって成長意欲が高い。


試合の時に注目してほしい事
彼のアグレッシブな姿勢はもちろんだが、攻めのバリュエーションが豊富な点にも注目してほしい。目の前の相手をどうやって抜くかよりも、2手・3手先を見据えたプレイをするクレバーさがある。センス抜群な彼だが、泥臭く勝負しようとする姿勢もあってバランス感覚に優れている。




FW
#18  大野 裕行(おおのひろゆき)

いぶし銀  ★★★★★
献身性   ★★★★★
守備力   ★★★★★

生年月日
1985年10月23日


今年の個人の目標
最後までやりきる


座右の銘
三菱三綱領


大野君について
あまり多くを語らない選手。静かでいつもニコニコしている。毎年「そろそろ俺は限界だから引退時かな」と言っているが、今年もベルフェ戦ではボランチとしてフル出場。クリアソンのカメラマンは「俺たちの大野」という表現をよく使う。彼のような目立たないんだけど、活躍する選手がおっさんの星なんだと絶賛している。


試合の時に注目してほしい事
彼はサイレントキラー。静かにニコニコしながら点をとる選手だ。運動力が高く、前線からプレスをかけて守備面でも大きな貢献をしている。毎年限界だと言うが、試合に出ると全力で最後まで走りきる彼の姿勢に勇気をもらえる。自分の目立たない人間性を上手くサッカーで活かしている。ディフェンスのマークを外すのが上手い。





FW
 #19 大谷 真史(おおたにまさし)

得点力     ★★★★★
ムードメーカー ★★★★★
貪欲さ     ★★★★★

生年月日
1994年6月14日


今年の個人の目標
爆発する


座右の銘
気持ちには引力がある


真史君について
とにかく明るく元気で優しい男。キッズからの人気が高く「マーシー頑張れ!!」という声がたくさん聞こえてくる。情熱的で恥ずかしがらずに感情を表にだしてくる。その純粋な熱量が彼の人気に繋がっているのかもしれない。人と人の繋がりをとても大切にしていて愛に溢れている人。サービス精神満載で、新体制発表会でも一発芸を披露。


試合の時に注目してほしい事
体の使い方が上手く、前線でしっかりとボールが収まる。大型選手なのでフィジカルタイプかと思いきや、裏への抜け出しが上手く駆け引きを得意としている選手。守備でも手を抜かずに全力で最後まで走って相手にプレッシャーをかける。何回失敗しても、何度でも挑戦してやるという姿勢があって彼の想いの強さがプレイから伝わってくる。





FW
#50  岡本 達也(おかもとたつや)

テクニック ★★★★★
アイデア  ★★★★★
人気    ★★★★★

生年月日
1986年9月19日


今年の個人の目標
ゴール+アシストで20


座右の銘
常行一直心


岡本さんについて
岡本さんは人と人の繋がりを大切にする愛に溢れた人だ。いつも笑顔を絶やすことなく、感謝の心をもって人と接している。自分の事を「カメレオン人間」と表現しているが、本当にカメレオンのような人です。相手の良いところを自分なりに分析して、解釈して、次の日には完璧にコピーされている。1週間後には自分流にアレンジされているから驚きだ。行動しながら感覚値を研ぎ澄ましていき、直感で結果に繋げるアーティストのような人。岡本さんのすごいところは感覚で結果が出た事を言語化して、論理に落とし込んで再現性をつくるところ。


試合の時に注目してほしい事
岡本さんはスピードがあったり、アジリティ―が高いわけではないが「ボールを蹴る・止める」という基本で圧倒的な違いを出せる選手です。ちょっと難しいパスが飛んできても自分が思い描いた場所にトラップできる。味方に出すパスも、ボールをよく見るとバックスピンがかかっていて味方の選手が取りやすいように工夫されていたりする。
ボールを受け取ってから、次の動作に移るまでのスピードが圧倒的に速いので、マークすることが大変な選手であることは間違いない。




個人の感想文みたいになってしまいましたが、もっとサッカーを学び、クリアソン選手を分析して、価値ある情報を届けられるよう努力します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

もっとスキになってもらえるよう頑張ります!
16

valueofsports

Criacao Shinjuku

クリアソンサッカークラブのマガジンになります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。