waravim

エロゲーの話をします

テン年代のエロゲを振り返る(2014年編)

2014年、多くのエロゲプレイヤーを支えてきたWindows XPのサポートが終了した。秋葉原ラジオ会館も改装再オープンし、オタク業界にはラブライブ旋風が吹き荒れていた。次世...

テン年代のエロゲを振り返る(番外編:秋葉原ソフマップアミューズメント館大看板について)

テン年代も終わりですねということで,最近はテン年代の美少女ゲームというnoteを書いています.noteは記事にヘッダー画像を指定することができるんですが,やはり回顧録と...

テン年代のエロゲを振り返る(2013年編)

2013年は,この年で一番注目するべきは,メタフィクションもの『君と彼女と彼女の恋。』だろう.そのほかには,『虚ノ少女』『Magical Charming!』『ハピメア』などの作品...

テン年代のエロゲを振り返る(2012年編)

総評 2012年はヒット作がないわけではないが,頭の一つ抜けた大傑作というものを欠いた年に思える.一方,現在の若年層ユーザーが影響を受けた作品は比較的多いように思え...

テン年代のエロゲを振り返る(2011年編)

2010年は『素晴らしき日々』こそあれ,全体としてイマイチパッとしない1年という印象であったが,打って変わって2011年は美少女ゲーム界にとって多くの重要な作品が生まれ...

テン年代の美少女ゲームを振り返る(2010年編)

ゼロ年代におけるエロゲ(美少女ゲーム)の存在感が良く語り草にされる一方で,2010年に入って以降エロゲ業界というのは縮小を続けているといわれている. 先日も『ef』で...