[それぞれの編集哲学]理由のない編集はしたくない

Waseiメンバーの[それぞれの編集哲学]、本日は福島がお送りします。

Waseiの中ではもっとも編集やライターの実務経験が長い私。世の中的には本当にまだまだなのですけれど…!

そんな私は編集という役割を担ったとき、「なぜこう編集したのか」を常に考えていたいと思っています。

雑誌や書籍の構成を考える、ライターさんが書いた文章に手を入れる、各所に連絡を取りつつ進行管理する、などなど編集の仕事は多岐にわたりますが、何をする時も思うことは「理由のない編集はしたくない」ということなんです。

この続きをみるには

この続き:489文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」ができるまでの歩みを公開していた有料マガジンです。

または、記事単体で購入する

[それぞれの編集哲学]理由のない編集はしたくない

灯台もと暮らし

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

灯台が出来るまで。2014年11月・12月号

これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」ができるまでの歩みを公開していた有料マガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。