【短歌】recurrence of cancer 2016

死神の消息を聞くたびにこの世界は色を鮮やかにする

   *     *     *

死神がご機嫌いかがと軽やかに尋ねてわらう初夏真昼(はつなつまひる)

他界からの風の便りになつかしい空のにおいがよみがえる午後

生まれくる前の場所へと還る旅 ひと息ごとに花が零れる

去り逝くと知ればすべてがいとおしい 傷痕さえも煌き果てる

重すぎる荷物をひとつ捨てたあとの空漠をただ抱きしめている

   *     *     *

脊椎がここにいるよと自己主張するように痛む長い長い夜

体芯を貫く光の道をもつ脊椎動物なんだ私は

走れないからだを生きて黄昏に追い越されたら火星になろう

   *     *     *

私から光も風も過ぎ去ってdepressionが支配する夏

致死量の悪意を解毒しきれずに悲鳴をあげた肝臓異変

ひんやりと白い機械のトンネルを出るたびに流れる時の砂

亡骸となりゆく日々を直射する生の証としての痛みは

ロキソニンだけでは消えない痛みのみ生の証として認めます

長生きも早死にするも親不孝だから間をとって早生き

通行人Aを襲った悲劇より静穏な死を迎える準備

一歩ごと見えないドアに開かれる終りへの道果てしなくひとり

いつか君も齢(とし)を重ねてたどり着く道にしおりを残していくね。

   *     *     *

ありふれた病でたぶん逝くからだにはありふれた午後の紅茶を

   *     *     *

幾千の叶わなかった夢の実がさざめきながら僕に降る夜

   *     *     *

ほら、悪性新生物と呼べば癌もやんちゃな未知の小動物だ

転移した癌をチャルルと名づけたら一緒に生きていける気がした


☆参照: http://newmoon555.jugem.jp/?eid=516

再発した癌とともに生きてます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

感想などコメントいただけると嬉しいです! 短歌を気に入ってくださった方、よかったら投げ銭お願いします☆ Mail: fanatic_sweets666☆yahoo.co.jp(☆→@に変えてください)

Vielen Dank!
11

瑞木理央

自作短歌一覧

noteで公開済みの自作短歌をまとめました。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

最初の五首ぐらいが好きかな。
辛い系の思いを過剰に共有してしまうのはこわいので、最初あたりが良い。
色鮮やかに見える世界が長く続くと、それは楽しいかもしれないし。
読んでくださってありがとうございます^^
トップの写真は、最初の五首のイメージで選びました。
癌の治療は楽しいことばかりではありませんが、それでもふとした時に、花や木や空がやけに輝いて見えることがあります。
今後も温かく見守っていただけると嬉しいです♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。