病気のこと(今後の入院と手術について)

先日、自分の病気や身体のことを書いてから会う人に「大丈夫?」と心配していただいたり、メールや励ましのコメントを本当に沢山の方からいただきました。

本当にありがとうございます。

その後の経過報告です。

先月の3泊4日の検査入院の結果が出まして。

そして主治医の先生と面談しました。

結果として「中隔小筋切除術」という手術を受けることになりました。

簡単に言うと「心臓の大きくなってる部分と通り道を邪魔してる余分なとこを切っちゃうぞ」的な手術です。

簡単に言い過ぎましたが。
まぁそういうことです。

一回、心臓を止めるのでほんとに大丈夫なのかな?という不安はありますが主治医の先生を信じるしかありません。

詳しく聞きたい方は(いないか)
お会いしたときにでもご説明します。

そして、突然死のリスクが人よりも高いので。
ペースメーカーを入れることになりました。

「植え込み型除細動器」と呼ばれるもので体内植込み型装置です。

命にかかわる致死性の発作が出た時に電気ショックを発生させて突然死を防いでくれる装置です。

要するに心臓が止まりそうになったときに心臓を叩き起こす装置を身体に入れます。

これはね。
正直ショックで。

サイボーグじゃん、と。

なによりもう自分の力だけでは生きられないんだ、という無力感。
大げさかもしれないんですけど。

もちろん入れてる方は大勢いらっしゃいますし。
父も入れてます。

でも父は60歳を超えて入れたので、まさか自分の年齢で入れるとは考えてなかったんです。

しばらく落ち込みました(20分くらい)

でもこれも運命かな、と受け入れました。
死ななきゃいいか、と思って。

まだまだやりたいこと沢山あるのに。

身体が思うようにいかないのは苦しいし。
悔しい。

年齢が上がってきて息があがるのが早くなった。

でも子供の頃からだから。
苦しくないのがわからない。
正常がわからない。

なんですぐハァハァしてるの?って言われて傷ついたこともある。

手術までまだ時間あるから今の感覚を忘れないようにしておこうと思いました。

入院日も決まりました。

10月22日に入院して手術、隊員は11月の二週目くらいを目処にしています。

「あれ、大手術のわりには案外早く出されるんだな」という印象ですが、こんなもんらしいです。

その後リハビリしながら自宅で安静にしてなさい、とのことでした。

普通の人は一ヶ月くらいで仕事に復帰するらしいのですが。

レッスンならしても大丈夫だけど激しい演奏となるともう少し見た方がいいということなので。

11月いっぱいはお休みして復帰は12月二週目辺りを目指してます。

なのでここから大事なことなのですが!

10月20日までは今までどおり活動するので諸々お誘いください。

演奏も遊びでも、なんでも。

そして12月15日以降の来年のスケジュールも空いてますので諸々のお誘いお待ちしてます。

様子を見ながらになりますが、演奏活動の方を続けていければと思っております。

こういう商売ですから。
二ヶ月近く稼働しないのはほんとに不安です。

でも「この手術をすれば今までより楽に動けるようになるよ」と先生には言われたので。

病み上がりとはあまり思わず接していただけたら嬉しいです。

この前も書いたんですけど。

検査入院でカテーテルを入れてる時、手術台の上でやっぱり辛くてですね(部分麻酔で意識あったから)

精神的にも、肉体的にも。

その時に本当にみなさんからいただいた言葉を思い出してがんばれたんです。

「人の想いが力になってる」と実感しました。

まだ入院や手術まで時間がありますが、無理せず程々にがんばっていきたいと思いますので「あいつ、がんばってんな」と見ていただければ幸いです。

お見舞い行くよって色んな方から言ってもらえてほんと嬉しいです。

一応言っておくと胸を切るから。
来て欲しいんですけど。
笑わせないでね。
開いちゃうから。

健康第一って「オマエが言うな」って感じでおこがましいんですけど。

健康第一で!

2019年7月19日
見谷聡一


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたお気持ちはコンテンツ運営のための活動資金(書籍 機材 取材費など)にさせていただいております。 いつもありがとうございます!

ご支援、痛み入ります。
2

みたに あきかず

歌って、咄せる打楽器奏者/ パンデイロ侍//パンデイロというブラジルのタンバリンの楽しさをライブやワークショップでお伝えしています/1st ソロアルバム「うたう たいこ」絶賛発売中!

闘病記 身体のこと

一見すこぶる健康そうに見えるのですが(笑) 自分は心臓の病気を患っておりまして。 闘病ってほどではないのですが。 こういう病気もあるということと、備忘録的な意味で書いてます。

コメント3件

初めまして。多分私も同じ病気です。21才でペースメーカーを入れました。当時私もロボットになるとかなり落ち込みましたが、大丈夫です!突然心臓停止数回してますが、99パーセントペースメーカーに依存してますが、生きてます。電池交換もしてます。手術で一番辛いのは、尿カテと部分麻酔の痛みでした。意識があるので、電メス使う場合焦げる匂いや先生たちの呑気な話し声、機械の音が聞こえます。尿カテは手術終わったら外れるし、次の日には歩いてました。不安な気持ちとてもわかります。入れたからって息が切れなくなるわけじゃ無いし。術後むくみなどに気をつけて、合併症の方が怖いから。あと、障害者手帳の申請を忘れずに!長くなりましたが、応援しています。大丈夫です!
あ、全身麻酔ですね。失礼しました。麻酔導入後すぐ意識失い、気がつけば集中治療室。起きたら腰やら肩やら痛いと思います。頑張ってください!
miphoniumさん
はじめまして。
コメントありがとうございます!
経験された方のお話を聞けて心強いです。
遺伝の病気と諦めてましたが、ちょっとでも良くなるならばと今回手術に踏み切りました。
先日のカテーテルは部分麻酔でしたが、今回は全身麻酔ですかね・・・やはり。
色々教えていただいてありがとうこざいます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。