みたに あきかず

歌って、咄せる打楽器奏者/ パンデイロ侍/“Roda de Ritomo”主催/パンデイロというブラジルのタンバリンの楽しさをライブやワークショップでお伝えしています/1st ソロアルバム「うたう たいこ」絶賛発売中!

失敗と後悔。

先日小学校に演奏しに行った時のこと。

毎回、楽器を叩いてもらうコーナーがあるんですけど。

「やりたい人っ!」って手を挙げてもらうシステムでやっていて。

リアクションいい子もいるし、そりゃやりたくない子もいる。

ただ、やりたい子に全部叩かせていては時間がいくらあっても足らないのは事実。

こちらとしては低学年から高学年、男女の比率など満遍なく叩いてもらって、そして最後は先生とやるの

もっとみる

キセキの再会。

「初めて会った気がしないの・・・」

人妻に潤んだ瞳でこう言われたら貴方ならどうするだろうか?

「もうどうなっても知らんけんシュタイン!」などと言って逃避行か。

それとも「奥さん、ヤケドしますぜ・・・」と言って存在しない前髪をかきあげるか。

いずれにせよ、ハードボイルドな展開が待ち受けるのである・・・

先日のヨコハマネイチャーウィークというイベントに出演しまして。

ヴォードビ

もっとみる

“グルーヴの謎”に迫る ある研究員の日記 その1

今日は“GLOOVE LABO”でした。

そのまんま訳すと“グルーヴ実験室”

時間がある時、研究員たちが集まり「気持ちいいグルーヴとは!?」とか「いいアンサンブルをするためにリズムをどう捉えるか!?」などという答えが出そうで出ないコトを“実践”しながら“研究”するのだ。

“研究”だからその日に成果が出ることなんてマレである。
「全然できねぇ!」つって不貞腐れて終わる日だってなくはない。

もっとみる

バンドなんて。

なんでやってるかわからなくなる時がある。

ミュージシャンという“職業”をやってて。
バンドという存在はホントウに厄介だ。

お客さんが少ない時だってあるし、スケジュール合わすの大変だし、毎回告知しなきゃだし、練習はしなきゃいけないし、ほんとはやりたくないのかな?って思ったりするし、みんな各々バンドを抱えてたりするし、それに正直言ってお金にならない部分も多い。

「仕事」ではないけれど「趣味」では

もっとみる

移りゆく時の中で。

昭和から平成に変わった時のことを思い出しました。

天皇崩御からの新しい元号への流れ。

子供だったけどざわざわしていた空気感を感じていたのかもしれません。

小学四年生の冬でした。

冬休みが空けて教室に行ったら一番乗り。

そうしたらその頃好きだった子が登校してきた。

教室に二人きり。

嬉しくて思わず「あけましておめでとう」と言ったら「おめでとうっで言っちゃいけないんだよ!」っ

もっとみる