2019/3/29 くもり

この続きをみるには

この続き:1,022文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

わざわざの賄い

月額300円

わざわざでは、毎日社長の平田が賄いを作っています。同じ釜の飯を食うと昔から言いますが、ご飯を一緒に食べることでわかるいろんなことを大切...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

明日いいことがあります
15

平田 はる香

2009年に長野県東御市の山の上で、「パンと日用品の店わざわざ」を開業しました。一人で始めた店にだんだんと人が集まり、実店舗とオンラインストアでパンと日用品を販売しています。2017年に株式会社わざわざを設立。代表取締役兼何でも屋。

わざわざの賄い

わざわざでは、毎日社長の平田が賄いを作っています。同じ釜の飯を食うと昔から言いますが、ご飯を一緒に食べることでわかるいろんなことを大切にしたいという思いで、10年以上続けてきました。 最近、スタッフの人数が増え、賄いの意味が単純に「社食的」になってきたのを危惧していて、社...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。