にんげんとインターネットとおかね 第一話

私が人生で初めてインターネットを使い始めたのは、1994年頃だったと思います。まだ、Windows95が出る前で、当時日本国内では圧倒的なシェアを誇っていたPC98で、MS-DOSとWindows3.1を使っていました。通信回線はお年玉を貯めて買った14,400bpsのサン電子のモデムにアナログの電話線をつないでいました。

Windows3.1はインターネットにつなぐために必要なTCP/IPをOSで標準サポートしていなかったので、TCP/IPドライバを自分でインストールし、Netscapeブラウザをインストールして、夜の11時から朝の8時までの間だけ、夜な夜なブラウジングしていました。

それから、今年で早22年が経とうとしています。時代、時代で様々なカタチでインターネットと関わってきたけれど、22年間もインターネットを使っていると、ときどき面白いことが起こるものです。

その中の一つが、『見知らぬ人にオカネを貸す』という体験。

もちろんインターネットなので、相手と面識はまったくありません。友達でもないし、顔も知らないし、相手の身元もわからない。完全に初対面の状況です。

言ってみれば、一緒にたまたま電車に乗り合わせた人から、突然、

オカネを貸して下さい!

と言われるようなものです。

それも1回ではありません。過去3回ありました。この話は私がふとしたきっかけで、とある3名の方々にネットを通じて無担保でお金を貸すことになった、そんな昔話です。

あなたは、

 ・初対面の顔の見えない相手に、お金を貸しますか?
 ・ネットで貸したお金は返ってくるのでしょうか? 返ってこない?
 ・そもそも、私がなぜお金を貸したのか?

今まであまり人に話すことはなかったのですが、noteに数年ぶりに戻ってきてみて、ふと思い出し、まとめてみることにしました。

Paypalの創業者であり、投資家でもあるピーター・ティールは、採用面接で必ず聞く質問があるそうです。それは、

賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?

とシンプルな問い。

私にとっては、この3名にお金を貸して得られた体験というのは、貸した金額以上にとても驚くべきものでした。私はこの体験を通じて、オカネの意味やチカラを改めて考えさせられました。賛成する人がほとんどいない、大切な真実です。

お金というものがどういうイミを持っていて、それによって人の行動がどのように変わっていくのか、私達が常識のうちに行動していることは果たして正しいのか、そんなことに思いを巡らす思考の糧になればと思います。

■金額について
この記事は、先着5名の購入者まで100円で読むことができます。以降、5名増える毎に価格を+100円に値上げしていきます。購入者が増えたら結構な金額になりそうな気もしますが、捕らぬ狸の皮算用でほとんど買われないと思うので、お遊びでこの価格設定にします。

第一話は、私が一番初めにお金を貸すことになった方のエピソードを話します。フィクションではなく、実話です。一応3人いるので第一話とつけましたが、二話を書く予定は今のところありません。

なかなか表立って語れることでもないので、もしご興味のある奇特な方がnoteにいましたら、読んでみて頂ければ。

あなたならどうするか感想など頂けましたら、二話も書くかもしれません。

この続きをみるには

この続き:3,970文字/画像1枚

にんげんとインターネットとおかね 第一話

佐藤道在@スタートアップアカデミア

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

noteおすすめ作品集

noteでみつけたおすすめの優良作品集です。
2つのマガジンに含まれています

コメント2件

お、初購入が。
1番目に購入して下さった方、ありがとうございます〜。
購入者が2人目になりました〜。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。