静寂と喧噪

先週末は長浜で開催される”アートインナガハマ”にてライブペイントしてきました。

アートインナガハマは、ガラス、陶芸、木工などの多様なマテリアルを扱ったクラフト作家が200組近く出店する”芸術版の楽市楽座”を謳うイベントです。

今年で29年目の開催であり、僕たちWHOLE9は今回で6年目の出演となりました。

毎年秋の気持ちいい季節の開催で、情緒ある町並みの中で高く澄んだ空のもと、とても気持ちよく描かせてもらっています。


それで実は今回は”マチネの終わりに”を意識してペイントしてきたので、その辺りの話を書こうと思います。

今回は”静寂と喧騒””生と死”といった二項対立をテーマにしました。

中央にはネガで描かれた寒色の人物。死を象り、静かな無想状態です。

かたや周囲には取囲むように旋回する暖色の抽象形態。有機的であり絶えず運動を続けています。


なんというか普段は「僕の描きたいもの」と「simoが描きたいもの」をそのまま画面に乗せると勝手にWHOLE9っぽい絵になる、ってところにスタイルを見出しているので、今回のようなテーマを設定するのは久しぶりでした。


プラス今回はより伝わりやすくするために1つギミックを用意しました↓

勘のいい人はわかるかと思いますが、この絵はもとからネガポジ反転を想定して描かれています。

色彩が反転するとその効果まで反転し、意味が裏返ります。


初めての試みだったので割と手探りだったんですが。

iPadを通して色彩反転させた世界を常に表示させていたおかげか、子供から大人まで楽しんでもらえた様でした。



今年も楽しいアートインアガハマでした。


#マチネの終わりに


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

WHOLE9

#マチネの終わりに コラボ クリエイター

『マチネの終わりに』とクリエイターがコラボします。9名のクリエイターのみなさんの作品に関するマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。