地下1600mにあるもの

「この源泉は地下1600mから汲み上げています」

いつもならスルーする看板に目が止まる。
僕が住む街の近くにある銭湯は、文字通り、源泉を地下1600mから汲み上げているらしい。


(源泉0m)
ふーん、深いなぁ。
あ、もうどうでもいいくらい気持ちいい
銭湯最高
ふぅー…



(源泉400m)
あ、忘れてた、写真送らなきゃ
あの企画もしなきゃ
あれ、文章にまとめておくか
あと…



(源泉800m)
あー洗濯しなきゃ
缶ゴミ溜まってたな
今週雨続きだったから植物に水はいいか
あと…



(源泉1200m)
明日おやすみかぁ何しようかな
あの本読みきっちゃうかな
お昼何作ろうかな
あと…



(源泉1600m)
そういえば小さい頃はよく道に大の字になって星空見てたな
今の僕の体勢も大の字だな
それで思い出したのか
そういえば…

そういえば…

そういえば…


自分の源泉を、地下1600mで確認する。

ああ、だからか。
僕にとって銭湯はそういう場所だったんだ。

じゃ、お先に。
牛乳飲んで待ってます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはゆっくり物事を考えるための時間(コーヒー代など)に使わせていただきます。

スキありがとうございます。嬉しいです。いつかお話しましょう!
9

小林 達仁

感覚を持続させるもの

僕が好きなものについて、感覚的につらつらと書き積んだもの。きっと解明しすぎないことで、もっと育つものがここにあります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。