泣いたパリピ

「パリピと友達になりたい」
大学生の赤西は親友の青島にそっと打ち明けました。
「それなら僕がパリピのイベントで暴れるから、僕を追い返すといい」

こうしてパリピのイベントでショットテキーラを飲み、暴れた青島を赤西が追い出しました。

「この店に二度と来るな」

青島はそれにうなずきました。
無事パリピの仲間となった赤西は毎日楽しく騒いで暮らしました。

赤西のインスタを見た青島は一通のLINEを送りました。
「お酒の飲み過ぎに気をつけて下さい。僕と君に繋がりがあるのがバレたら君に迷惑がかかるので、僕は留学します」
それを見た赤西は泣きぐずれ、いつまでも泣いていました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

\(^o^)/
9

短編小説集

自作の短編小説を公開してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。