たった300円でIT企業の社長を養成!?

こんにちは!
登山家コピーライターの松浦です。

「どうしても副業する時間が取れない・・・よし!試しに会社を辞めてみよう!」

そんな気軽に
所属会社を辞めてみた私。

あなたは所属会社を辞めることについて
どう考えますか?

「そりゃ自由になるし、時間もできるよ。
でもどうやって食べていくんだ!?」

「できれば嫌味な上司の顔なんか見たくないけど
生活のためには仕方ない・・」

「客から無理難題を押し付けられて
ストレスで胃が痛くてもう限界。
辞めれたら最高だけど生活がのためには我慢・・・」

希望に燃えて入社した会社も
内情がわかるにつれ会社の嫌な部分も見え始めて
気がつけば出勤するだけでストレスを感じるように。

私が知る限り
本当に楽しくサラリーマンで頑張っている人は
ほとんどいません。

今の会社を辞めたくてたまらない人って
実はものすごく多い気がします。

そんな人たちが現状を改善するために
どんな行動をとるか?以下の4パターンです。

A、社内での改善を図る
B、とにかく先ず会社を辞める
C、転職する
D、起業する

一番多いのがA。
やはり所属会社を辞める
という選択を取るには勇気と覚悟がいる
という考えは根強いようです。

BとCにあまり差はないようです。
後先考えずにとにかく会社から逃げる
という人も多くいますが

やはりその後
別の会社に転職する人がほとんどですから。

そしてD、起業する人。
日本ではまだまだ起業することを
かなり大げさに考える人は多いのでしょう。
気持ちはわかりますが。

そんな私も
所属していた会社が嫌になって辞めた1人。
辞めた後の私の選択はDでした。

本来、相当な準備と覚悟が必要な行動ですが
すでに副業をしていたため
大した準備も覚悟もなく
バイバーイってな感じであっさり辞めた私。

その後も収入が減ることもなく
そこそこ安定して稼ぐことができていますが

それ以上の最高のメリットは
ストレスがない、ということに尽きます。

そりゃそうですよね!?
好きなことをしてお金を稼いでるのですから。

とはいえ、この状況を作り出すには
かなりの苦労をしました。

本業を持ちながら副業に取り組むのは
よほど条件が揃わないと
殺人的なスケジュールになってしまいます。

私の場合がまさにそれでした。

何度も挫折しそうになりましたが
副業に関しては素晴らしい先生に巡り会えたおかげで
何とか今の状況を作り出すことに成功したのです。

しかし

もしあなたが副業を始めるか、あるいは
会社を辞めて起業するならば
やはり私同様の苦労をしなければならないか?

と聞かれると、私はNoと答えます。

なぜなら
起業のために、つまり社長になるために
必要な最も基礎的な知識と技術が
たったの300円で学べるからです。

それが「インターネットビジネスアカデミー」

http://yama-outdoor.com/Ld0/1t761

私もこのアカデミー会員になり
自分に必要なものを一からじっくりと学びましたが

正直言ってくやしい思いでした。

「もしこのアカデミーをもっと早くに知っていれば
あれほど苦労せずに起業できたのに・・・」

私が副業でとんでもない苦労して
学び実践した期間は約1年と半年。

しかし、このアカデミーでは
私は1年と半年かけて身につけた知識と技術を
たったの1ヶ月でマスターすることができるのです・・・

あの苦労は何だったんだ・・・という思いもありますが
まあ結果オーライ、時代は進んでいくものだ!
と割り切って

この素晴らしいアカデミーをあなたにご紹介します。

こちらです。

http://yama-outdoor.com/Ld0/2t761

言っておきますが
このアカデミーの入学金、授業料は
たったの300円!!

喫茶店のモーニングセットでも
もっと高いはずです。

このアカデミーを受けたからと言って
それがすぐにお金になる訳ではありません。

あなたがこのアカデミーで手に入れるのは
起業して収益を上げるための、いわば武器です。

それも今のあなたに最も適した最高の武器です。
その武器を使って稼ぐか否かはあなた次第。

ただし、その武器の性能は
実際に稼ぐことができているこの私が保証します。

http://yama-outdoor.com/Ld0/3t761

「俺は丸腰で勝負したいんだ!」
という人はアカデミーに入らず
いきなり起業してみてください。

めちゃくちゃ痛い目にあうでしょうが
そこから学べることも多いでしょう。

どちらを選ぶかはあなた次第です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

マッサン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。