「これからはじめるwebアクセシビリティ」をnoteにて販売します

本題のとおりですが、boothにてのみ取り扱っておりましたサークルこんのいぬ技術書典#5にて発表しました「これからはじめるwebアクセシビリティ」をnoteでも販売いたします。

たまに耳にする「アクセシビリティ対応」というワード…
気にはなるが一体どういうものなのか?どういう対応をすればいいのか?そもそもアクセシビリティをやる意義とは?…そんなwebアクセシビリティの疑問を解消する入門・解説書を作成しました。
どういった対応があるのか、マシンリーダブルとヒューマンリーダブル、WAI-ARIAについて、求められるアクセシビリティを意識したコンテンツなど…
エンジニアのみならずWebに関わるすべての人たちに是非見ていただきたい1冊になっています。

目次一覧

- アクセシビリティってなんだろう
- 何のためにアクセシビリティ対応をするのか
- アクセシビリティ対応は何をやればいいのか
- HTMLを見直してみる
- role、ARIA属性のつかいかた
- 技術以外で考えるアクセシビリティ対策
- アクセシビリティ対応に役立つライブラリ・プラグイン・ソフト
- アクセシビリティ関連リンク

GitHubアカウントをお持ちの方は以下よりIssueで修正FBや提案などを受け付けております。
https://github.com/yamanoku/accessibility_book-issues
アカウントをお持ちで無い方は私宛に直接ご連絡いただければ確認いたします。
※内容によっては対応に時間を要する・対応しかねる場合があります。ご了承願います。

このnoteを購入すると、この下にダウンロードリンクが表示されます。よろしくどうぞ〜

この続きをみるには

この続き:39文字

「これからはじめるwebアクセシビリティ」をnoteにて販売します

Okuto Oyama

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Okuto Oyama

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。