Yatomic cafe(音楽/小説/ブログ)

バンド「ツタン」のボーカル/会社員/自作曲のアップ/小説など書く/読み物サイト「ヤトミックカフェ」の主催など http://www.yatomiccafe.com/

バビロンのデイライト(第1章の10) (連載最終回)

突如、「四十八時間」(すでに一時間が経過)という命の宣告を出され、「やべえ!」と発奮するかと思いきや、町田は小便を垂らし、何をなす気にもならなかった。

彼としても死ぬのは怖い。しかし、「死への回避」は仕事へのモチベーショントリガーにはなり得ない。同期の小田原君は勇ましかった。彼は自分の意志で産業スパイを試み、そして死んでいったのだから。それに引き換え、俺はなんて情けないのだろうか。仕事ができない

もっとみる

バビロンのデイライト(第1章の9)

代々木上原課長は、町田の「二重構造型思考」に気がつくこともなく、説教を続けていた。

 我々の製品の重要な発表は明日だ(おそらくそのはずである)。だから発表を待たずに勝手に動いてもらっちゃ困る。時間を稼ぎなさい。お前は商工会議所の連中のところに今からもう一度行くんだ。そして「ドライムス・コンバータ」を持参して、何ならタダ同然で二、三個渡してもいいから、なんとかしてあいつらの要求に応えることを約束す

もっとみる

バビロンのデイライト(第1章の8)

実は明日、と代々木上原課長が言った。
 明日には発表になるが、ドライムスについて、重大な発表がある。その発表は、あまり好ましからざる方向のものだ。/欠陥ですか?/いや、正式には製品の欠陥ではなく・・・製品の話でもなく・・・どこかの偉い教授が、非公式に、ドライムスについて発表することになっている。社長が昨日、リークしてきたのだ。

 代々木上原課長は重々しく言ったが、話が抽象的に過ぎたために、何を言

もっとみる

バビロンのデイライト(第1章の7)

お前え、きちんと俺たちの言ったことを会社に報告しろヨ。/ペガサスだかなんだかしらん・しらん・知らんが、ドライムスが「根」に干渉するのはよくわかっているんだぞゾゾ。調べべべべべがついてる。ついてる。ついてる。/何も知らんとノコノコ来やがって。ウスノロ。/あんたらが、今からそれを発表しようとしてるんだから、それは周知の事実・事実・事実ダ。/いいから黙って「根」を生やして、あいつら、マフィアの奴らを、追

もっとみる

バビロンのデイライト(第1章の6)

町田はこの話を神妙な顔をして聞いていたが、それがどのように自分の仕事に結びつくのか、いまいちピンときていなかった。彼は、商工会議所のおじさんたちの誰かがつづいて口をひらくのを待っていた。しかし、そこにあるのは静寂であった。誰もしゃべらない。おじさんたちは、自分の言いたいことを言ってしまったので、すっかり満足してしまっていた。

狛江氏は、次は町田の喋る番であるということを沈黙のうちに促していた。

もっとみる

バビロンのデイライト(第1章の5)

おうおう!見事な死にっぷりだなあ!

 振り返ると、廊下の向こうから数人の男たちがのんびりとタバコを吸いながら、のんびりと歩いてきた。男たちはおそらく全員が五十代を超えていると見え、がっしりとした体格をし、日に焼けていた。

 ちょっくら頭に、仕掛けてやったんだヨ。よくない噂を耳に挟んだんでサ。
 見事な爆破ですね。狛江氏が言う。
 髪が薄くなった男が笑って言った。わかるかい?ドライムスを使うとね

もっとみる