PATTERNS 1  ボディと一体化するフード

こんにちは、YOSUKE KURIBAYASHI CLOTHES WORKS です。

ファッションをパターン(型紙-構造)から楽しんでいくコラム、
1着の服のパターンやプロセスを少しづつ紐解いていこうと思います。

YOSUKE KURIBAYASHI  Cotton Frannel Hooded Shirts

もともとオーダーメイドでシャツを作ることからスタートしました。
なぜシャツなのか?
スタートするにあたってシンプルなものから始めたい。
体のすぐ外側でシンプルな生地をシンプルに纏う服。
襟、カフス、ボタンなどのわかりやすい形式の中で、自由に造形したい。
そんな気持ちでシャツを作り、シャツでいろいろ遊んできました。

このシャツは国産のコットンフランネルを使ったフード付きのネルシャツです。
たくさんポイントがあるのですが、1番の特徴は前身頃と一体化したフードです。

上の写真の1番左が前身頃と一体化したフードのパターンです。

通常のフード付きの服だとこのパターンが首の付け根ラインで分断され、フードはフード、ボディはボディのシルエットになるのですが、一体化するとフードから身頃にかけて流れるようなドレープが生まれます。

スカーフを頭にかけたような美しいシルエット-
そのニュアンスにいい感じで近づけたかなと思っています。

本来別々だったパターンをくっつけたり、ばらしたり、またくっつけたり。
体という制約の中で、自由に楽しく新しいフォルムへ。
それがこのシャツの1番のポイントです。

次回はこのシャツの縫い目についてお話しようと思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

まだ始まったばかりですが、"PATTERNS"のコンテンツ充実に使わせていただきます。よろしくお願いいたします!

ありがとうございます!
1

YK clothes works

ミニマル&ストラクチュアルをコンセプトとしたファッションメーカー。自社ブランドほか自身のパタンナーとしてキャリアを活かした<パターン=型紙 構造>からファッションを楽しむプロジェクト”PATTERNS"を展開。https://ykcw.theshop.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。