🔳 1-1  代名詞は心の中のなんでも指す(臨体)

she や it のような代名詞は、話し手と、話し手の心内にある対象との<その場限りの関係の種類>である。

その場限りの、臨場感のある体(たい。名詞)だから、これからわれわれは、代名詞を臨体と呼ぶことにしよう。

話し手と対象の関係には、男性 he か女性 she かといった、対象の属性も含まれる(話し手は、属性のないものとは関係をもてない)。

臨体は、あらゆる体を少数の語彙で表現できる。

臨体は、抽象的・客観的な概念である。Mary さんかJudy さんかに関係なく、臨体なら she と呼べばすむ。個々の対象の具体性を超えているから抽象的であり、しかもそう言わないとおかしい(he では困る)という客観的な性質をもっている。

同時に、意味としては、she は話し手にとって Mary さんか Judy さんか、特定の具体的な人である。臨体は、話し手や聞き手にとって具体的な意味をもつのである。

コンパクトでライブ。抽象的で具体的。

臨体は、話し手の英語の世界を立ち上げる。

なお、臨体は、話し手と、話し手の心(意識)にあるものとの関係である。目の前のものを直接指しているわけではないので、注意が必要である。目の前にあっても、話し手の意識にのぼらなければ、私たちはそれについて語らない。

誰もいないところでも、  "He loves her. " と言える。そのことを思い出せば、臨体が目の前のものを指すのではないことがわかるだろう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

憲法九条は日本丸の灯台だあ (*^◯^*)
1

三浦陽一

トランス・グラマー 英語の核心

言葉によって、人は現実を超越(トランス)します。外国語を身につけると、自分の限界も超越(トランス)できます。では、英語のトランスの仕組みは? 英語の心をつくっている核心部分を説明します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。