🔳 3-1-2 the には、世界・場面・概念という「唯一性の枠」がある(具態)

the は、同じ具態でも、 a/-s とは性質が違う。

a/-s は、統体が心の具体的な場面でもつ独立性(構造性・反復性・分類性)を表すが、theは、話し手が抱く心の場が枠となり、そこでの統体の独立性=唯一性を表す。

ここで大切なのは、「唯一」という概念が成立するには、ある範囲=枠が必要だということである。the の唯一性を判断する枠には、三種類ある。

① 世界   <世界で唯一>の場合。太陽は、世界中いつ、どこで見てもひとつしかないから、the sun となる。地形名などは、世界で唯一であることを表すために、 the をつけて、かつ大文字にする。the Rocky Mountains.

② 場面   話し手がそのとき心に描いている特殊な場面。①の「世界」より狭い。 たとえば、ある建物を心の場面とした場合、そこには玄関が当然あるはずで、しかもそれは唯一であろうから、Where's the entrance?  ï¼ˆå…¥ã‚Šå£ã¯ã©ã“ですか?) となる。

③ 概念   関連する概念との関係で、当然唯一と考えられる場合。たとえば話し手が、心のなかで二つのものについて語る場合、一方を one といえば、残りは当然ひとつだから、the other となる。ある一続きのものなら、それは唯一の<始まり、真ん中、終わり>を持つであろうから、the beginning, the middle, the end となる。

統体が唯一性をもつための枠は、上記の三種類である。

the を習得するには、これらの枠を意識して「唯一性」の概念をつかむ練習をすればよい。

* the が表す「唯一性」とまぎらわしいものに、独体(固有名詞)が表す「個性」がある。the が表す「唯一性」は、上記のような「枠」のなかでのものでしかないが、個性は、どの場面でも一貫していている強烈な「唯一性」で、英語では大文字で表現する。上記の the Rocky Mountains のような場合は、世界の地形という枠でみて唯一だから the であり、ほかにはない個性ももっているから、大文字にもなっている。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

大吉!🤞
4

三浦陽一

トランス・グラマー 英語のこころ

言葉によって、人は現実を超越(トランス)します。外国語を身につけると、自分の限界も超越(トランス)できます。では、英語のトランスの仕組みは? 英語の心の核心部分を説明します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。