🔳 3-0 体(名詞)は態(なり)をもつ <具態・動態・状態>

われわれはふつう服を着ている。それと同じように、心内の場面では、統体(名詞)は、何かの態(なり)をして現れる。

英語の態には、具態(冠詞)・動態(動詞)・状態(形容詞)の三種類がある。

以下のように、それぞれの態が三種に分かれる。


個別   単態 a(n)  複態 -s   定態 the

動    動態     動相      å‹•åˆ¤ã€€ã€€ã€€ã€€

状    状態     状相      çŠ¶åˆ¤


話し手と観念世界を結ぶ<関>(臨体・時関・判断)も、3 x 3= 9 種類だった。体(名詞)も3 x 3=9 種類。そして上記のように、態も同じく9種類である。

無数の概念が、整然とツールボックスに並んでいく。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今日もいいことありますように \(^o^)/

三浦陽一

トランス・グラマー 英語の核心

言葉によって、人は現実を超越(トランス)します。外国語を身につけると、自分の限界も超越(トランス)できます。では、英語のトランスの仕組みは? 英語の心をつくっている核心部分を説明します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。