【コラム】 なぜ water は「数えられない」か 「物質名詞」は抽象的な物性の概念(特体)

「物質」というと、形をもつ「物」のことだと思いやすい。だが、英文法でいう「物質」とは、「物」の「質」、つまり対象がもつ物性のことである。いわゆる「物質名詞」とは、対象の物性をとりあげ、それを体概念(名詞)にしたものである。

たとえば、water は物質名詞だと説明されるが、これは特有の物性(物理的性質)を体概念化(名詞化)したものである。文のなかで指しているものが、プールとか海のような具体的な物のことであることもあるが、water という概念じたいは、物性の名称である。

レストランなどで a water などということがあるが、これはコップに入っていたりして、<個>で数えられる特殊な状況だからで、water じたいは、あの独特の物性をとらえた、抽象的な概念である。

iron というのも、対象がもつ物性という抽象的な性質のことである。話し手が iron と呼んでいるものが、具体的には形ある物である「自動車」だったりすることもある。だが、iron という概念じたいは、物理的な性質そのもののことである。

「物質名詞」という言い方だと、物そのもののことなのか、物性のことなのか、まぎらわしさが残る。そこでトランス・グラマーでは、物性を体化した概念であることを短く表現して、「物体」と呼んでいる。

かつてアメリカ人に、「どうして鉄は数えられないのか」と聞いたら、「どうやったら鉄が数えられるんだ?」と逆に質問されたことがある。

英語の iron とは、物性そのもののことだから、「数える」というはおかしいではないか。

彼が言っていたのは、そういう意味だったのだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキしたあなたがスキです ❤️
2

三浦陽一

トランス・グラマー 英語の核心

言葉によって、人は現実を超越(トランス)します。外国語を身につけると、自分の限界も超越(トランス)できます。では、英語のトランスの仕組みは? 英語の心をつくっている核心部分を説明します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。