【コラム】 英語の文型はアラビア数字に似た大発明(構解)

「2018」 のようなアラビア数字は、人類の思考を飛躍させたといわれる。

「数学はアラビア数字の導入によって、突然変異ともいうべき変化をとげた。とくにゼロの発見は、人類最大の発見ともいわれている。」(志賀浩二『数と量の出会い』紀伊国屋書店、2007年)

「二千十八」のような書き方だと、いちいち「千」とか「十」とか、桁の名前を書かねばならない。ところがアラビア数字は、右端から何番めという位置だけで桁を表現するので、計算が飛躍的にしやすくなった。それには、<空位の桁>を表すゼロの概念が必要であった。

英語の文型(構解)は、アラビア数字に似ている。

われわれが「2018」のようにアラビア数字を書くとき、何桁にするか決めてから、左から書いている。英語でも同じように、どういう構解にするか決めたら、桁の表記(格変化)をあまり気にせず、そのまま左から並べればよい。

しかも英語では、<空位の桁>を表す「0」まで省略してしまう。英語は、アラビア数字さえ上回る<すっきり表現>に到達したのだともいえる。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今日もいいことありますように \(^o^)/

三浦陽一

トランス・グラマー 英語の核心

言葉によって、人は現実を超越(トランス)します。外国語を身につけると、自分の限界も超越(トランス)できます。では、英語のトランスの仕組みは? 英語の心をつくっている核心部分を説明します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。