「色が好きだから」という理由

色のストレスから解放されて、いま、とても気分が良いです。

けっこう前からiPhoneの保護フィルムが変色していて、黄色っぽくなっていました。

あまりきれいじゃないなあと思っていたので、ずっと変えよう変えようと思いながらしばらく放置していたのですが、本日ようやく新しいものに張り替えたのです。

新しいシールになって、無事iPhoneの美しい白さが復活しました。と同時に、思った以上にとても心がすっきりして、こんなにも自分が前の色にストレスを感じていたのかと実感しました。

おそらく、自分にとって「きれいだなあ」と思う色は、人それぞれが持っていて、日々の中で目にするもの、使うもの、なんでもいいのですが、触れることで心地よさを感じているんだと思います。

「美の基準」というほど大げさなものでなくても、みんな、何がきれいな色かということは知っている。

知っているんだけれども、「色でモノを選ぶ機会」が減ってきているから、その感覚は使われにくくなってきているんじゃないか。

小さいころはもっと「この色がいい!」と、素直にモノを選んでいたような気がします。初代のポケモンも、単純に当時好きだった赤を選んだだけだし、ジーンズを好きになったきっかけも、単に色が好きという理由でした。

年を取るにつれて、いろんな判断軸を手にしたことで、色という軸はどこか、置いてけぼりになっていました。

カラーバリエーションから選びとるんじゃなくて、強烈に「この色を手にしたいから」「この色が好きだから」という理由で手に取るような、そんな体験を、久しぶりにしてみたいです。

山脇、毎日。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださりありがとうございます。いただいたサポートは僕の生きる糧にいたします。

ぼくも大好き!
22

山脇 耀平

山脇、毎日。(2)2016.10〜2017.8

山脇が考えた日々のこと。平日毎日更新中。

コメント2件

僕は色が機軸だけどな。
会社のカラーもずっとオレンジにしていたのは、出身の静岡から来ているのですが、もっと遠い小学生時代の記憶をたどると、パレットの「白」を溶くときが一番好きだった気がします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。