カップヌードルをぶっつぶせ!

少し前に、noteでは自分の好きなものを褒めちぎる記事を書くといいみたいな記事があったから、便乗してエッセイぽいものを書いてみようと思う。

自分が大好きものの一つに、カップヌードルがある。

運命というのがあるのだとしたら運命なんだろうだけど、雑誌の編集者になってはじめて取材したのが、カップヌードルについてだった。

しかも取材相手は、カップヌードルの会社の経営層クラスのとてもとても偉い人。

編集者になって間もないのに、なぜかいきなりそんなすごい人に取材に行くことになった。

取材当日。

緊張して頭の中が真っ白になりながら、用意してきた質問をひたすら棒読みして何とかその場を乗り切った、という感じだったと思う。

そんなボロボロな取材がおわり、本当は取材前に言うべきだった「僕、昔からカップヌードルがめちゃくちゃ好きなんです!」という話をしてみた。

ごくたまに高級なフレンチとかイタリアンなんかを食べる機会があっても、カップヌードルのほうがおいしいと本気で感じる。

他のカップラーメンに何度も浮気したって、いつも「やっぱりカップヌードルだよな」と思って戻ってきてしまう自分がいる。

おそらくここ10年くらいカップヌードルを食べない週はなかったし、いつもいまもどんなときもカップヌードルはそばにあった。

麺は固めが好きだから、だいたいお湯を入れた直後には食べ始める。そうすると、カリカリした食感のある麺と、食べているうちに時間が経ってフニャった麺が一度に両方楽しめる。

スープもおいしすぎて、でもそれだけで飲み干すのは躊躇われるから、ほぼ必ずご飯を用意する。白米との組み合わせは最高としか表現のしようがない。

自分にとってのベストは欧風チーズカレーで、最近だとマッサマンカレーや旨辛チーズスンドゥブもめちゃくちゃ好きだった。

話を戻すと、取材自体はあまり盛り上がらなかったのに、カップヌードルが大好きということを伝えた後の雑談は、予定時間をゆうにオーバーしてしまうほど盛り上がった。

そしてその人が帰り際に「そんなに好きなら、(カップヌードルを)送ってあげるよ(笑)」と冗談を言っていた。

それから2日後。

大量のカップヌードルが届いた。

大企業のとてもとても偉い人が、素人相手に冗談半分で発した何気ない一言を本当に実現してしまう…

届いた日、自分以上に会社の人が盛り上がっていて、自分は大量のカップヌードルを前にしてただただニヤニヤしていた。ちょっとだけ泣きそうになりながら。

当時、1日ほぼ1食という貧乏生活を送っていたから、何日か分の食料を手に入れたこと、何よりそれがカップヌードルであることが嬉しくて、生意気にも「日本も捨てたもんじゃないな」とか本気で感動していたことを思い出す。

もちろん、こうしてカップヌードルを送ってもらえたのは本当にたまたまであり、おそらく自分があまりに素人然としていて、ダメな編集者だと思われたからこその善意?か何かだったように思う。

ちなみに、これがカレーメシとの出合いにもなり、そのおいしさに衝撃を受けてからは、カレーと言えばカレーメシというくらいに食べまくっている。

結局何が言いたいのかと言えば、カップヌードルが最高なのは、味とか種類の多さとかブランド力とか、そうしたものだけじゃない。

それをこのとき、本当の意味で思い知った気がした。

その会社には、社内に「カップヌードルをぶっつぶせ!」というスローガンが掲げられている(いまもだと思うけど、少なくとも取材当時は)。

担当者は全社的な利益よりも担当ブランドの成功だけを考えればよく、全商品が「打倒・カップヌードル」を目指しているらしい。

それは社内競争が激化するだけでなく、社内の商品同士のコラボを生むなど、切磋琢磨することにもつながっている。

「カップヌードルをぶっつぶせ!」

シビれるくらいにカッコいい社内スローガンだと思うからこそ、それが実現してしまわないように、これからも全力でカップヌードルを食べ続けたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです、ありがとうございます!
23

編集・ライター系の記事まとめ

編集、ライター、コンテンツ、メディアなどに関する記事をまとめていきます。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。