横山正宏@フローレンスCFO

大学在学中に会計士試験に合格し、監査法人トーマツに就職。26歳から認定NPOLiving in Peace会計担当理事を行う中で、ソーシャルセクターのお金の課題を認識。28歳で認定NPOフローレンスCFOとしてNPO業界を加速させるため活動中。AFC代表。NPO未来ラボ。

弱者の生存戦略

僕は弱者だ。

頭が特別いいわけでもないし、力も非力。

それゆえ、自分の生き残る術は常に探していたような気がする。

高校の野球部時代は、中学時代に守っていたサードやショートは競争率が高かったため早々に諦め、ライバルが少なかったファーストへコンバートを申し出る。そしてパワーがあるレギュラー選手と差を見せるために、バッティングの着実性や守備のうまさを際出せて、準レギュラーではい続けた。

大学受験

もっとみる

孤独な舞い

今回もフローレンスアウトプット部の企画。お題は、アイキャッチ画像に使わせてもらった「女性が紅葉の中で舞う」という写真。フローレンスの新海舞さんが撮影したこの写真からインスピレーションを得て、noteを書いてみようと思います。

この写真を僕は「孤独な舞い」と解釈しました。

2018年を振り返ってみると、みんなと協力して進んでいる時間も多かったんですが、それと同時に一人で考えていたことも多かった。

もっとみる

事業型の認定NPOが使える「みなし寄付」という最強のカード

3月決算が多いNPO。そろそろ2018年度の着地見込みが見えてくるころではないでしょうか。フローレンスもご多分に漏れず3月決算でして、バックオフィスを担当する横山としては、そわそわする時期がやってきました。

事業収益も多いフローレンスとしては、税金をいくら払うのかを注視しています。「NPOって税金払わなくていいんじゃないの?」と思われている方がいるかもしれませんが、それは違います。NPOでも法人

もっとみる

新しいことをノリよくはじめる人の人生がもっと良くなる習慣

僕が働くフローレンスでアウトプット部というのが始まりました。その週のテーマを決めて、noteを思うがままに書きつづるといった部活です。今週のテーマは「Hello world」。僕なりにこのテーマを解釈して、書いていきたいと思います。

僕は、色々なことをノリよくはじめるたちです。それでうまくいったこともたくさんあるのですが、人生は山あり谷あり。当然うまくいかないときもある。ここで考えたいのが、その

もっとみる

心の羅針盤を持つ。

SNSが発達して、良くも悪くも色々な人の人生が見れるようになりましたよね。隣の芝は青く見えるもので、僕も人の投稿を見て「あー、いいなー」と思ったり、挙げ句嫉妬したりとかして、めちゃ器の小さい人間だなと自己嫌悪に浸るというのがしょっちゅうあります。

でも最近、少しずつその状態に陥らないようにする方法がわかってきました。それは「負の感情が出てきたときに、自分が大切にしたいことを、自分に問いかける」こ

もっとみる