よーちゃん(yoko ogino)

考えを言葉にする練習中。感覚的なことを書くことが多いです。 小樽という北海道の港町で、若者がつどう場づくりをしています。

「いつか、拾ってくれたら」

伝えたいことが本当に届けたい相手に届かないことがある。素直に、もどかしいと思う。 当事者性を欠いてもそれは違うと思うし、だからと言ってこちらの思いも伝えたくて。...

0

「普通」とか「みんなそうだよ」という言葉に反応してしまう。
それはあなたの主観なんじゃないかなぁと思ってしまう。
その「普通」や「みんな」になんでも押し込めてくれるなと思う。
私は、その箱には入る気はさらさらないのよ。

0

「ちゃんとした人生」

ちゃんとした人生、ちゃんとした人間でありたいと、ずっとそう思っていたんだなー、と最近よく思う。 なんでかはよくわからないけれど。 でも、その”ちゃんと”って何...

0

「見たこともない、誰かに救われること」

顔も名前も、どこに住んでいるかも知らない”誰か”に救われたことがある。 それも、何度も。 それは、同じ人ではなく、いつも違った”誰か”だ。   それは本の一文で...

0

「ままならぬ」

身体がかたい。 そして、身体にちからが入りやすい。 考えることがすきで、下手すれば考えすぎることが多い。 もはや、それは気質でどうしようもないと半ばあきらめてい...

0

「弱さは、なくならない」

たぶん、”弱さ”はなくならない。 私のなかの感覚では。 いままで、困難に打ち勝つとか、苦難を乗り越える、過去を克服するみたいなことって、きらきらしてるように思っ...

0