「ね」の魔法

昔、「WorldShift」というイベントに関わっていて、そのときの代表のテラオカシゲトさんのブログを読んでいたら、こんなことばに出会った。

どんな言葉にもさ、最後に「ね」をつければ優しくなるね。こわい。だってさ「こわいね」だったらそれはなんだかこわいけど、「ボクがいるからね」の『ね』のような気もしてくる。かなしいね。「でもね、その先には光があるよ」の『ね』のような気がしてくる。

「ね」の魔法 。

そのとき、ことばの語尾を変えることでさえ、簡単に言葉の伝わり方まで変えられる。それに気づいたときは、はっとした。

誰かとの共感を促す優しい「ね」の魔法。みんなで変わる、変える魔法。できるだけ使っていこうと思った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金で、本を読みます。 https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/356OAJ5D3MLXY

やったあ!
11

平野太一

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。