売店側から考える座席数減少の話

鹿島アントラーズの鈴木秀樹取締役事業部長が、カシマスタジアムの座席数を減らしたいと言う記事を読んで、売店側から思ったことを書いていこうと思います。

スタジアムで売店をして14年目ですが、その間売上と観客動員に係るデータを自分なりに取ってきました。その中で得た情報から考える観客数と売店にとっての適正観客数はどれくらいか?について考えてみます。

2018年の平均観客数は19,434人でした。そのうち3万人を超えたのは
・5/5   浦和戦     33,647人
・10/7 川崎戦     31,798人
・11/3 ペルセポリス戦 35,022人
・12/1 鳥栖戦     31,619人
以上4試合でした。2万人を超えた試合は
・3/3   G大阪戦     24,545人
・5/20 仙台戦     23,942人
・7/22 柏戦      24,480人
・8/19 横浜戦     21,178人
以上4試合でした。つまり2万超えたのは8試合しかなかったわけですね。

そしてここからはうちの独自のデータですが、売上を観客数で割った指数を毎試合出しています。3万を超えた試合は2万を超えた試合よりこの指数が低いのです。3万越えの試合で指数が伸びないのは去年だけではなく、ほぼ一貫して毎年その傾向が見られます。

去年の年間平均指数を100とすると、二万人越えはほぼ平均値で、観客動員が伸びると下がり、三万越えで84。逆に観客動員が伸びないと指数は上がる傾向にあります。つまり、観客動員が伸びても売上に直結していないと言う事です。

これは一つにはうちの売店スタッフのお客さんさばきが遅いというのもあると思いますが、売店のスタッフ数は契約で最大人数が決められており、3万を超える予想の試合だからと言って、無制限にスタッフを増やすわけにはいかない事情もあります。オペレーションの改善や、スタッフの教育など努力はしていますが限界もあります。

3万人を超えてくると、どの売店も長蛇の列となり、お目当てのスタグルにたどり着くにも一苦労、まして好きな食べ物をあれこれ選ぶ自由度も下がります。早々に売り切れになってしまう人気商品もあるでしょう。コンコースは人であふれ、楽しい雰囲気ではありますが、待ち時間の長さがサポーターの顧客満足度を下げているように感じます。

売店側から見て3万越えの試合はもちろん魅力的ではありますが、仕込、スタッフの確保、など課題も多いのは確かです。最大収容3万人で平均2万5千人の平均観客動員数となれば、収容率が向上し売上は安定していくのではないかと思います。

ちなみに去年うちが営業した中で一番観客が少なかった試合は4/17ACL水原戦で6,229人でした。その試合の指数は高く、3万越え平均との指数差は倍近くありました。ACLの試合は出店が希望制のため、Jリーグの試合のように全店舗が営業しているわけでは無く、一売店あたりの観客数が低くならないためそれなりの売上があり、このような結果となります。平日開催のJリーグでは一階の売店全店舗が営業しているのに観客動員は伸びないため大変苦戦します。

また関心があるのはどう客席を減らすのかと言う事です。メインスタンドの客席にゆとりを持たせてその分チケット代を上げるのか?段階的に減らしていくのか、一気に減らすのか?スタグルのデリバリーに関する話も以前ありましたが、それはどのように実現するのか?など売店の営業にも直接かかわってくるので今後の展開が気になります。

Jリーグ開幕の年、自分は高校3年生でカシマスタジアムに友達と通って観戦していましたが、あの頃のスタジアムはいつも満席状態でした。コンコースも今のトイレがあるフロアだけでしたので、狭く、売店もどこも長蛇の列でした。今のカシマスタジアムは増築により広いコンコースとなりましたが、最大収容40,830人が快適に観戦出来るかと言うと無理ではないかと思います。

交通インフラ的にも3万越えの試合は厳しいと思います。東京駅から電車乗り換えなし1本でスタジアム駅まで来れれば、もっと快適になるのかな?と思いますが、実現するの難しいかと思います。パークアンドライドで、カシマまで直接車で行くのではなく、途中駅で電車、大洗鹿島線に乗ってスタジアムへ向かうなどできれば渋滞も緩和されそうですが・・・。またスタジアム内に温浴施設を作っているそうなので、試合終了後にも時間を過ごせるようになれば、時間差が出来て尚且つもっと鹿島のホームタウンにお金が落ちるようになると思います。

2018年の平均観客数は19,434人でしたが、これはJリーグの分だけです。うちが営業した25試合の平均は17,255人でした。平日開催のACL、ルヴァン杯、天皇杯がどうしても平均を下げてしまいます。2019年5月3日の試合までの平均観客数は19,662人です。今年の平均観客数がどれくらいになるか、今後の成績次第ではありますが、気になるところです。

まとまりのない話となりましたが、2万5千~3万くらいの規模が適正ではないかな?というのが個人的な考えです。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

80

ゆがふ

yugafu

2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。