スクリーンショット_2018-08-27_9

【開催レポ】 #大人の性教育 リアルイベント

8月26日 某所、会場の中はなんとも異様な雰囲気に包まれていた。

テーブルに座った男性たちが、精子の健康のためにアーモンドをつまみながら、精子について、そしてキャリア設計について語り合っている。

「驚き」や、「笑い」、そして「真剣に考える眼差し」。様々な表情で溢れた「第一回 大人の性教育 リアルイベント」の開催レポートを、今回はお届けします。

時は遡り2018年6月、#大人の性教育 という企画で「前編」「後編」に分けたnoteを公開した。Twitterでも150RT程度ではあるが拡散され、多くのコメントもいただいた。

「避妊しろ」としか教わっていない。(気がする)
義務教育にあった『保健体育』ってなんだっただろう?
こんなに「子供がすぐにできない」って、学校は教えてくれなかった。

そして、「イベントとかやったらどうですか?」とTwitterのフォロワーの方にからご連絡をいただいた。

なので、やろうと思った。


そして準備を重ね、やっと昨日開催することができた。

以下、「開催レポート」として、どんな感じだったのか、書きたいと思う。

■ 精子と卵子の出会いはまるで男女のデートのようだ

イベントは2部構成に分けた。前半では「生殖機能」に関する知識を得てもらい、後半では「ライフプラン」を考えてもらうようなワークショップ形式にした。

前半戦の「大人の性教育講座」はクイズ形式で参加者に答えてもらいました。

参加者に楽しみながら講座を受けてもらえるよう、工夫もした。

一つは、挙手してクイズに回答してくれた方には、「精子の健康に良いアーモンド」をプレゼント。↓の写真は正解者にアーモンドの入った袋をアンダースローで投げている風景。「ナイスアーモンド!」と言いながらアーモンドのキャッチボール(キャッチナッツ?)をしていると、会場はとっても和んだ。

会場の男性陣が食い入るように注目し、写メをパシャパシャ取っていたのはこのスライド(↓)

生理開始から排卵日までの流れや、精子と卵子がどのように出会うのかを解説した。

また、このスライドも「わかりやすい!!」と好評だった。(↓)

参加者に、

「女性とデートに行くとき、やっぱり先に行って待ってようって思いません?」

と聞くと、頷く男性陣。

精子と卵子の出会いは まるで男女の デートのようである

「卵子さんと精子くんの出会いも、同じです。排卵される2日前にはちゃんとセックスをして卵管内で卵子さんを待っておく。これが妊活におけるジェントルマンです。」

 こう伝えると、すっと頭に入るようで、「なるほど〜」と全員が頷いていた。


■ あなたの精子は健康だろうか

基本的な知識をクイズで知ってもらったあとは、もう少し具体的な話をした。

子宮や卵管の絵を見ながら、排卵から着床までを説明したり(↓)

「精子によい生活」について話して質疑応答の時間をとったり(↓)

会場からは

「禁欲ってダメなんですね・・・溜め込んだ方が渾身の1発が出る気がしていました」
「え、サウナめっちゃ好きなんですけど、僕の精子はもう終わってますか・・・?」

などの声が挙がっていた。


そして、男性の精子の濃度と運動率を測れる「Seem」を運営する入澤氏にもゲストで来ていただき、様々な経験談を交えながら、男性側が妊活において何ができるのか、精液検査によってわかることやその重要性を話していただいた。

前半で生殖機能の知識を得て、妊娠の仕組みや精子の健康についての解説を聞いたあとだったということもあり、参加者は「Seem」の話を前のめりに聞いていた。

イベント終了後は、その場でスマホでSeemを購入する参加者が続出(笑)

イベント終了後に参加者の男性から僕にLINEがきて、「結果が出たら共有します!」とのこと。

「いらねーよw」 と思いながらも、ちょっと見てみたいので「ぜひ!」と返信しておいた。

男性が妊活に取り組む上で大切なこと、できることを理解してもらえたようで何よりだ。


■ イベントを終えてみて思うこと

こんな感じでイベントを開催してきた。ここに書いた内容以外にも、職場でのハラスメントの話や、「家族をもつ」ということを前提においたライフプランニング/キャリアプランニングのワークショップも実施。夫婦で参加した方は「互いのライフプランに認識の齟齬が見つかりました・・・」と苦笑い、なんて場面も。。。

普段は「エロ」の話題ばかり男性にとっては、真剣に、でも楽しく性教育を学ぶことはとても良い機会になったようだった。

「妊活」はどうしても女性主導になりがちだが、男性がリードして進めてゆくような未来も、それはそれで素敵かもしれない。


最後に。

イベント終了後、参加者はこんなコメントと笑顔を残して、帰って行きました。このコメントと笑顔を見れただけで、「やって良かった」と思えるイベントだったなぁ。

最後の1枚は、コメントというよりも「宣言」ですね 笑(↓)

まぁ「頑張れ(笑)」と言っておいたが、とりあえず項目を2つは覚えてくれたようで何より。。。


とうことで、

これからも、定期的に開催していこうと思います!


そして、企業に出張セミナーなんかもご依頼いただければ行きます!

営業部の男性20人で受けたい!とかあればTwitterのDMでご相談ください。

おわり


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

Yuji.Y

不妊治療当事者たちの支援事業を立ち上げ中。大阪大学卒業後、P&Gに入社。その後人材系ベンチャーにて執行役員を務めたのち、不妊治療支援を目的とした事業を立ち上げるため独立。株式会社ヘルスアンドライツ代表取締役。会社HPはまだありません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。