雁屋優

アルビノのライター/エッセイスト。筆名。テーマ:マイノリティの現実。ジャンル:セクシャルマイノリティ、アルビノ、発達障害、毒親、女性差別など。かがみよかがみ公認ライター。webライター/エッセイストをしながら"ゆっくりする"生活をしています。お仕事依頼はTwitterのDMまで。
固定されたノート

雁屋優のお仕事。

ここではお仕事の宣伝をさせていただきます。 記事 ・マイノリティもいるから…性的趣向対象外から告白された時の対応法(webメディアshano様に掲載、2019/07/18) ・ムラ...

「結婚できなかったらどうすんだ」って別にどうもしないけど。

朝、起きてnoteをふわふわ漂っていたらこちらの記事を見つけた。 なつぺぃさんという方の記事だ。冒頭にマッチングアプリを再開することになった経緯として家族に結婚につ...

誰が結婚してもきっと私は焦らない。ただ寂しくはなるのかもしれない。

世には結婚適齢期というものがあるらしい。この間オープンマリッジについての記事を書いた際に、結婚の定義などについても調べた。すると見事に広告が婚活一色に染まった。...

夢があるからつらい今を頑張れるなら今はずっとつらいままなのではないか。

「いつになるかもわからない夢を語るのをやめなさい」 そう言われて、反射的にこう返しそうになった。 「夢があるからつらい今も耐えられる。私から夢を奪うな」 と。で...

温泉に入った。

朝も昼も眠い。

100

シングルでよかったことをただ書いていく。

こんばんは。雁屋優です。世に生きる独身の皆さん元気ですか。田舎の出身なので、母親に「アンタの同級生皆結婚したよ」と言われ、ちょっとここには書けない性格の悪い返し...